まだまだ梅雨は明けない…

スカっとした青空には程遠く、どんよりとした、じめじめとした毎日が続いています。

木や花々は十分に水が行き渡るからかどんどんと大きく育っています。
梅雨が明けて、太陽の光を浴びればもっともっと大きく、そして花を咲かせてくれることでしょう…

とうがらしの白い花が咲きました。

小さなかわいい花です。

それにしても…このとうがらしはたべてもいいのかなぁ…

朝顔も次第にツルを伸ばし、格子に絡み付くようになってベランダの壁一面が緑に染まってきました。

そんな朝顔がようやく一輪咲きました。

最近は大輪の艶やかなものが好まれるようですが、これは直径が5cm程の小さな、小さなものです。

色は淡い水色

これから毎朝、窓の外を見るのが楽しみだなぁ…

ルピナスも双葉からしだいに大人の葉?が生えてきました。

北海道の原野に群生するルピナスの写真はそれはそれは綺麗で壮大なものでした。

来年、この小さなプランターで無事花を咲かせることが出来るのだろうか…

そうだ、来年は北海道へルピナスを見に行くことにしよう…

1998.7.25