北海道が大好きな林さんが遂に宿を開くことになりました。

98年のお正月におじゃまさせて頂きましたのでその様子をリポートします。

私は遊びに行っただけで泊まってもいないのに宿泊者ノートに名前を書いてきてしまいました…夏には泊りに行きたいなぁ…

「楽園」は北海道のどまんなか!へそ祭りで有名な富良野の麓郷にあります。

麓郷といえば、ドラマ「北の国から」ですっかりメジャーとなったところですが、林さんの宿はそんな観光地の喧騒からは遠く離れて 静かにひっそりと建っています…

(私達が訪れた時、林さんの宿より先は除雪されていませんでした…)

外観は見てのようにかわらしい感じで、こじんまりとした丘をバックに雪をかぶった様はまるでおかしの家のようです。

1F、2Fともにテラスがあり夏の午後にはここで昼寝やビールを呑んだりすると気持ち良さそうです…

1Fはフローリングの広いロビーに加えて畳敷きのスペースもあります。(宴会にはもってこい!といった感じです)

1Fは他に台所や風呂、洗面台、トイレなどがありすごく綺麗です。(新しいのだから当たり前か…)

部屋の窓から外を見るとこんな感じです…

螺旋状になっている階段を上がると…

いったいいくつ部屋があるのだろうと思うほどたくさんの部屋数で広さもさまざま!個人からグループまで柔軟に対応出来そうです。

おぉ、一人用の部屋まであるのか!と、関心していたら布団部屋だった…
う〜ん一度あの部屋に泊まってみたいと思う…

洗面台を覗いてみると…

なんと、朝シャンも出来るようにノズルが伸びるタイプのものではないですかぁ〜

林さんおしゃれ〜

1Fの畳敷きのスペースは吹き抜けになっていて2Fの廊下から見下ろすことが出来ます。
こんな→感じなので2Fの客室はどことなく屋根裏部屋のような雰囲気でワクワクします。

天窓から入る月の姿をおちょこの酒に映して一杯なんて素敵だろうなぁ…

林さんの壮大な計画によると表の倉庫を改造して宴会場にしたいとのことです。
日曜大工の腕に自信のあるアナタ!道具持参なら大歓迎とのことですので遊びに(仕事に)行ってはいかがでしょうか?

尚、正式なオープンなどは林さんまでお問い合わせください。   1998年1月