ゆきの小舎

 今回の秋田の旅で泊まったのは八幡平にあるとほ宿「ゆきの小舎」でした。

「とほ宿」とは北海道を中心とする旅人向けの宿のグループで、私のような
一人旅の連中も泊めてもらえるという有難い宿なのです。

志張(しばり)温泉のバス停で降りて、大きな看板に従って川沿いの木々に囲まれた道を進んで行くと、とんがり屋根のかわいい建物が見えてきます。

16名3室 男女別相部屋
一泊二食4900円(2000.8.3現在) 暖房料別300円 おりこうさんのロコです〜
ある日の夕食です。お腹いっぱいになりました♪ ゆきの小舎では自然農を実践されていて、玄米のご飯に宿の前の畑で育てている野菜など、暖かい家庭料理が食卓に並びます。

玄米ご飯はふっくらともちもちに炊きあげられ、野菜を中心としたおかずの数々は
手作りの器に盛られています。

一見、量が少ないように思ったのですが、玄米を噛み締めているうちに満腹になりました。

茄子に胡瓜、甘味があって美味しかった〜
お風呂は近所にたくさん温泉もあるのですが、宿のお風呂も広くて、木の浴槽と洗い場がの〜んびりとくつろがせてくれます。

夜は宿で
一升瓶を買って、清酒を飲みながらオーナー夫妻といろいろな話をすることが出来ました。

しかし…夜は小さな虫が入るので窓を開けることが出来ず、室温は
32℃程に…せっかくの東北旅行なのに、こんなに暑いとは…トホホ…

2000.8.1