十和田湖の遊覧船 十和田湖と田沢湖

 今回の旅もの〜んびりと過ごしたいなぁとは思いつつも、初めて来た場所なもんでついつい欲張って観光に走ってしまいました。

十和田湖までは志張温泉からはバスで2時間もかかってしまいます。
しかも、帰りのバスは14時過ぎという早い時間なので十和田湖でものんびりはしていられません。

そんな訳で急ぎ足での観光となりました。

まずはお約束の遊覧船で湖を一周です。

ここ数日暑い日が続いていたので、湖上の風は心地良く、本当に透明な湖水を見ていると吸い込まれるような感じでした。

湖畔ではこれまた観光の王道とも言える乙女の像まで歩いて行って写真をパチリ。
ん〜結局往復のバスの時間の方が長かったくらいです…

本当は奥入瀬まで行きたかったのだけど、そんな時間は無く、また次回への持ち越しとなりました。(8月1日)
乙女の像
田沢湖の澄んだ水と魚 最終日(8月3日)、ゆきの小舎から盛岡へ戻るのには田沢湖経由のコースを選択しました。

まずは、まだ入っていなかった玉川温泉で途中下車です。

強酸性の泉質という話は聞いていたのですが、おしりの穴までぴりぴりするような感覚にちょっとびっくり!

温泉から上がったところで丁度バスの便が有るということであまりのんびりする間もなく、タオルで髪を拭きながらバスに乗り込みました。
田沢湖では自転車で一周!も考えたのですが時間があまりないので断念し、ここでも遊覧船に乗ることにしました。

田沢湖の遊覧船は高速艇で、激しい揺れとスピードであっという間に一周してしまいました。もっとゆっくりまわってくれるといいのになぁ…

それでも、十和田湖が澄んだ透明な水であるのに対して、田沢湖はプルシアンブルーと呼ばれる緑青色に見える綺麗で不思議な湖水でした。

湖畔に戻ってジャンボ焼き鳥地ビールでお腹を満たして湖を後にしたのでした。
プルシアンブル-