落葉松の輝く丘 - 美瑛 -

朝霧に霞む丘の風景

その日の朝、目を覚ますと美瑛の丘は霧の中に埋もれていました。

朝食までのわずかな時間、カメラ片手に散歩に出かけると、
時間と共に霧が沈み始めて山々が、そして丘の木々が頭を出してきました。


まるで水墨画を見ているような淡い色と、
ゆったりと流れていく霧にしばし見とれていました。

赤く染まる林  お昼前には霧も消えたので美田(パッチワークの路)界隈を歩いて散策することにしました。青空を背景に落葉松の黄葉がとても綺麗です。

この季節、観光客も減って丘を歩いていても風の音しか聞こえない程静かでした。

お昼は近所でドイツ人のご主人がやっている
「ランドカフェ」で昼食。
ランチメニューはドイツの家庭料理のポークと空豆の煮込んだもので冷えた体を芯から温めてくれました。
夕方には北西の丘の展望台で夕焼けに染まる山々を期待してずっと待っていたのですが、日の入り寸前で雲が出てしまい残念ながら見ることは出来ませんでした。

天気がいいとは言えもう11月、日が陰ると急に寒くなったので急いで宿へ戻りました。

 翌日は宿で一緒になった人たちと通称「青い池」を見に行きました。
白金温泉の排水によってこんな綺麗な青色になっているという説が有りますが、本当のところはわかりません。どうしてなんだろ?
毛虫の林?
青い池  お昼は北海道ウォーカーに載ってすっかり有名になった「ふるき」までちょっと辛目でボリュームたっぷりのみそラーメンを食べに行きました。

なのに、なのに…

さらに東川の
「グッドライフ」でケーキまで…
見ての通り、季節のフルーツを使ったケーキなど種類が多く迷ってしまいます。
今回はアップルパイと甘いフルーツティーを楽しみました。
も、もう食べられません…

ランドカフェのランチ グッドライフのケーキ アップルパイ&フルーツティー

2000.11.4〜5