地球の皮 - 宇宙との境界 -


北海道からの帰りの飛行機の出発は、丁度日の入りの時間帯でした。
北海道を離れ、水平飛行に入ると太陽が沈んだばかりの西の空が
淡い水色から深みを帯びた濃紺へと次第に変わっていきます。

そうして、宙と地の境界に鮮やかなオレンジの線が一本…

美しいと思う反面、人が領域を侵すのを明確に拒絶する壁のようにも見えました。


明確な一本の境界線

2001.1.4