ペンギン!シロクマ!旭山動物園へ

 旭山動物園は例年ならば、三が日が終わってからの開園らしいのですが、今年は1月2日から特別に開園されるとのことで、みんなで遊びに行くことになりました。

 旭山動物園に到着すると、既に駐車場に入る車の列が長く連なっています。
チケット売り場の前にも沢山の人が!!

楽しみにして来たペンギンの行進は11:05から、もしかすると間に合わないかも…と、いう雰囲気さえ漂ってきました。

 しかし、先に中に入った友人からは結構ゆっくり歩いているため(当たり前?)、なんとか間に合うのではないかとの連絡が。
旭山動物園
キングペンギンの行進  一番遠くの駐車場に車を置いた友人達もようやくやって来て、なんとか最後の方だけですがキングペンギンの愛らしいよちよち行進を見ることが出来ました。ホント!可愛いかったですよ!
(思ったよりも大きいですが)

 室内には、キングペンギンの親子の姿が。
↓見ての通り、キングペンギンの雛は親よりも大きく、近くの親子連れの子供が、「なんで子供の方が親より体が大きいの?」なんて可愛い質問をお父さんにしていました。

いや、それにしてもフカフカで触ったら気持ちよさそうですね。(キウイみたい…)
キングペンギン キングペンギンの親子
 ぺんぎん館の中には、アーチ状のアクリルで出来たトンネルが有って、水中からペンギンの泳ぐ様子を観察することが出来ます。

地上ではよちよち歩きのペンギン達ですが、水中では水を得た魚?、流線型になって超スピードで泳いでいます。

歩くのには辛そうな短い?足も、水中では格好のいいジェットフィンのよう。

トンネルの中から水面を泳ぐペンギンの姿を見上げれば、まるで空を飛ぶ鳥かと錯覚する程でした。
空を飛ぶペンギン!
イワトビペンギン  長い髪のように見える羽根飾りが特徴的なイワトビペンギン。
羽根飾りには黄色いメッシュも入っていてちょっと不良?赤いくちばしもアクセントになっています。

小高い雪の丘の上から、まるで私たちが眺められているようで、その姿はとっても可愛かったです。

 この二羽のイワトビペンギンはカップル?それとも友達同士?

寄り添うようにずっと立っていて、カップルだったら、なんだかとっても羨ましいかも…
 ほっきょくぐま館では、アクリルの半球型のドームの中からホッキョクグマを間近に見ることが出来ます。

残念ながら、私が覗いた時にはクマさんは寝っ転がっているだけでしたが、→のように大迫力に怯えながら見られるラッキー?な人も居るようです。

ドームの中の親子の姿、わかりますか?

他にもガラスの窓越しに、クマさんと御対面も可能で、ガラス越しにクマを眺める親子連れの姿が。

いや、どっちが眺めているのかという話は有りますが…
透明なドームとホッキョクグマ
さすがの大迫力!カンゾー

美味しそうかも…人間をのぞき込むホッキョクグマ
ほっきょくぐま館に入るとすぐに水槽が有って、水中を泳ぐクマの姿を見ることが出来ました。

普段はあまり水の中には入らないということでしたが、この日は二頭で戯れたり、ボールで遊んだりと、お正月サービスデーだったようです。

13:30からはもぐもぐタイムで、係の方が餌のイカナゴを投げ入れると…

大きな体で水に飛び込んで、あっという間にイカナゴをくわえて食べてしまいます。
あまりの迫力と、飛び込む度に立つ波と泡であまり綺麗に写真を撮ることが出来なかったのがちょっと残念…
くるくるっ 可愛く丸まって コユキ
水中での華麗なターン 水中での精悍な顔のアップ
 と、夢中になっているうちにもう14:00、「蛍の光」が園内に流れて、旭山動物園を去らなければならない時間になってしまいました。

正直なところ、ペンギンの行進以外はそれ程期待していなかったのですが、本当にそれぞれの動物の見せ方が上手で、引き込まれて見ているうちにあっと言う間に時間は過ぎて行きました。

お子さん連れの方にも、そして大人だけでも十分に楽しめる、本当にお勧めの場所ですよ。みなさんもぜひ!
大事そうに大きなボールを抱えるクマさん
2004.01.02