美瑛の丘をクロカン −美田小学校コース−

 前夜に美味しいお酒を飲んで、気持ちよく目覚めると…青空の広がる良い天気!

それなら今日もクロカンでしょ!

と、今日はスタッフのくにちゃんと関西の女性とでマイルドセブンの丘を巡り美田小学校までのコースへ行くことになりました。

星の庵を出て、青いかまぼこ屋根の倉庫のところまで道路を進み、突き当たりから除雪されていない農道に入るのですが…

前週の大雪を除雪した後の雪が身長くらいの壁になっていて、簡単には上れそうもありません。
マイルドセブンの丘付近より望む風景
二月にしては深い雪の中を静かに進む 雪の壁をちょっと崩してもらって、カニ歩き状態で横になりながら階段状に上がって行かなくてはなりません。

が、今回はそんなに苦労することも無く、あっさりとみんな上がることが出来てさいさきの良いスタート。

上がりきれば、足跡一つ無い雪原が目の前に広がります。
例年ならば、農道の両側の枯れ草が見えていたりするのですが、大雪のおかげで一面なだらかな雪の斜面に。

しばし風景に見とれた後、目印となる木を目指して斜面を降り始めました。
 マイルドセブンの丘を巡る道路は、写真を撮るために車が入ったり、人が歩いたりで途中まで圧雪されていることが多いのですが、ここのところの雪で誰も入って来ていません。

と、言うか…

基本的には道路の跡を歩くのですが、標識がなければわからない程雪が積もっています。

吹き溜まりも出来ていたりして、あちこち波打っていて綺麗なんですが、歩くにはこれがまた結構ツライ!

雪の無い季節には身長を超える高さの道路標識も、この通り抱きかかえられる程に。
標識に従って、左へターンの姿で記念写真。
左へ曲がる。私たちも曲がる。
マイルドセブンの丘 マイルドセブンの丘も、沢山の雪と、強い風で美しくなだらかな姿を見せてくれます。

◆パノラマの風景はこちらへ◆

そんな中、ところどころに狐やうさぎの足跡がぽつりぽつりと…

そして、景色を楽しむのはもちろんですが、今日もみんなで「ふゆのめたんていだん」

昨日はお猿さんでしたが、今日は鹿?でしょうか…
ハート型の顔に小さな角が二本、頭の上には烏帽子を付けた猿のようでもありますが。

その後、川沿いの道を下って美田小学校が見えてくると、このコースのゴールに到着です。
マイルドセブンの丘の木々へ向かう ふゆの芽探偵団。鹿?猿?
クロカンコースマップ(PDF)
クロカンの後、そのまま昼食ということで「ries cafe」へ。

板を外して歩いて行こうと言っていたのですが、近所とは言え美田小学校からはかなりの距離が有ります。

さて、どうしようと悩んでいたら、丁度友人の車が通りかかりました。
なんと、友人達もこれから「ries cafe」へ行くということで、無理矢理頼んで私たちも乗せて行ってもらうことになりました。(と、言うかピストン輸送してもらったのですが)

大変お世話になり、本当にありがとうございました、埼玉のKさん。
大雪に埋もれたries cafe
ries cafeの素敵なステンドグラス この「ries cafe」、友達から評判は聞いていたのですが、前に行ったときはお休みで入れず。

そんな訳で、今回初めて「ries cafe」に入ることが出来ました。

中に入ると印象的なステンドグラスが。
青を基調として、シンプルながらもとても美しいもので私の好み!

オーブンも有って、落ち着いてくつろぐことの出来る素敵な空間です。

今回は窓際の席を陣取り、「ソーセージカレー」をオーダー。ピリ辛のカレーが冷えた体を芯から温めてくれるようです。
(実は暖まり過ぎて汗だくになってしまいました。)

体を動かしてお腹はペコペコだったので、あっという間に平らげて、デザートもまだ入る!という感じだったのですが…
既に時間は14時近く、夕食のことも考えて今日はデザートはパスしました。
ソーセージカレー オーブン
 昼食を終えて宿に戻ると、丘の向こう側に山々がとても綺麗に見えていました。

一端納屋に片づけたクロカンの板をもう一回ひっぱり出して履き、山が見渡せる丘の中腹までカメラを持って一人出掛けることに。

大雪、旭岳の方は少し雲に隠れていましたが、富良野岳、十勝岳の方は綺麗な姿を見せてくれています。

富良野岳、十勝岳の写真はこのページの一番下に貼ってありますが、◆パノラマのページ◆の全景もよければお楽しみ下さい。
バードテーブルにやってきた鳥
キタキツネ もしかしたら山々が夕日に薄紅色に染まるかも…と、思ってしばらく眺めていたのですが、
残念ながら西の空に雲が出てしまい、太陽が隠れて見ることは出来ませんでした。

夕日を諦めて部屋に戻ると、窓の外のバードテーブルにはシジュウカラでしょうか?鳥の姿が。

このバードテーブルからこぼれ落ちる肉や、山羊のメイの餌を狙ってキタキツネがやって来るのだそうです。

この日もひょっこり現れて、餌をくすねてから去ってゆきました。
 今日も宿泊客は二名ということで、夕食は少人数メニューのジンギスカン。

北海道で食べるまで、ジンギスカンっていうのは丸い冷凍生成肉のスライスという印象だったので、たれに漬け込まれた肉を見た時にはちょっとしたカルチャーショックでした。

そして、これがウマイ!

堅くなり過ぎないよう半生くらいで口に運べば、ラム肉の臭みも無くとってもジューシー。

既にこの段階でビールが進み、ほろ酔い気分で今夜も過ぎてゆくのでした〜♪
今日の夕食はジンギスカン!

十勝岳連峰を望む

2004.02.28