« ムスカリの忘れ?球根から芽 | メイン | 富良野岳周辺の紅葉 »

2005年9月28日 (水曜日)

朝靄の中で

 この時期、美瑛では朝靄が発生することが多く、靄に霞む美しい丘の風景を楽しむことが出来ます。

050919_4.jpg

この日も前日が雨だったことも有って、きっと綺麗な朝靄が見られるのではないか!と、前日の夜に
飲んでいる時に宿で一緒になった人達と相談して5時起きで見に行くことになりました。

少し高台になる丘の上に車を走らせると、「パッチワークの路」辺りの丘は深い靄の中に埋もれています。

次第に靄が沈んできて、丘の上の木々が頭を出し始めるとまるで水墨画のような淡く美しい風景が
現れるはずなのですが…

この日はあまり綺麗に靄が沈まなかったため、絶景!とまでは行きませんでしたが、それでも静かに
ずっと見ていたい程の美しさでした。

朝食まではまだ時間が有るので、そのまま早朝ドライブで丘巡りへ。

刈り取りが終わって青い三角屋根のニオがあちこちに建っている一方で、すでに麦の青葉が一面に
広がる畑も…

050919_5.jpg

特に名前の有る木では有りませんが、丁度境界に立つ一本の樹。

050919_6.jpg

宿に戻ると丁度天然酵母のパンの焼き上がったいい匂いが漂っていました♪
いよいよ今日(19日)で旅も終わりです。さて、今日はどこへ行こうかなぁ…

◆この記事は、2005年9月19日の出来事について書いています◆

■By mura-san | 2005-09-28 07:20 | 旅の語らい | コメント (0) | トラックバック(0)


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://mura-san.jp/blog/murasan-tb.cgi/665
*トラックバックをお送り頂く際には、一緒にコメントも頂けると嬉しいです♪



コメント

コメントしてください




保存しますか?