« ゴーヤー第一号を収穫! | メイン | ししとう育成日記2006(8月10日) »

2006年8月 9日 (水曜日)

鳩間島・立原の浜でシュノーケリング

立原の浜天然プール

 鳩間島にはいくつか浜が有るのですが、いずれもリーフの中の珊瑚はほとんど死んでおりあまり綺麗
で無いとのこと... (もちろん、所々に珊瑚の根も有ったりして綺麗な所も有るには有るんですが)

ドロップオフまで出れば綺麗な珊瑚も見られるとのことですが、潮が流れていたり風の有る時には一人
で行くのは少々危険なので諦めかけていたのですが...

宿の人の情報によると、立原の浜にはリーフの外に出る少し手前に天然のプールのような、少し深く
なっている部分が有って他のところよりも綺麗な珊瑚も見られるとのこと!!

実は前の日に一人で行っていたのですが、全然見当違いの所を探していたのでこのプールに辿り着く
ことが出来ず... この日は同じ宿の人が先にこの天然プールを見つけていたので、そこまで案内して
もらってなんとか辿り着くことが出来たのでした(笑)

立原の浜天然プール

実はこの天然プールの手前までずーっと遠浅なので、歩いて近づくことが出来るんですよ。
浜からしばらくは砂地や枯れた珊瑚のカケラが続くのですが、この天然プールの手前から少しづつ
小さな枝珊瑚が現れ始めてきます。

この珊瑚の上を泳いで進むと... 水深が3~5mくらいかな、一段ぐんと下がった深みが目の前に。

どの珊瑚も小ぶりですが、バランス良く配置されていてリーフの内側の寂しげな眺めと比べると格段
に美しいですよ。

立原の浜天然プール

ボートで行く鳩間沖の珊瑚と比べてしまうとそのスケールの違いはあまりに歴然としているのですが、
沖でのシュノーケリングはちょっと...という方にはなかなかオススメです。
この天然のプール、内部は太陽の熱で暖められていてまるで温泉のような暖かさ(笑)
そこに外洋からの海水が入るとシュリーレン現象でしたっけ?屈折率の違いでもやもや~っとした
眺めを見ることも出来ますよ。

ようやく見つけられたこの天然プールの美しさに、プカプカと浮かんで長い間その眺めを堪能すること
が出来ました。
ツアーでのシュノーケリングだと時間的な制約も多いのですが、こんな風にぷらっと浜に行って楽しむ
シュノーケリングだと自分のペースで浮いていることが出来ますからいいですよね。
この天然プールだとリーフの内側なので比較的波も穏やかですし、浜の方へ少し戻れば足も着くことが
出来るのでリーフの外に出るのはちょっと...という人にもとっかかり易い場所だと思います。
言うまでも有りませんが、比較的楽に行ける場所とは言え自分の体力やシュノーケリングの腕前で
無理なく楽しめるかどうかはちゃんと考えて判断して下さいね。

ヒフキアイゴ

魚はそれ程多くは有りませんが、スズメダイやハギの仲間はあちこちで見ることが出来ました。

目立つのはやっぱり派手な黄色の「ヒフキアイゴ」ですよね。しかもいつもペアで行動...羨ましい~

ミスジチョウチョウウオ

チョウチョウウオもいろいろな種類が居ました。これは「ミスジチョウチョウウオ」かな。

この後、夕方からボートで鳩間島沖へシュノーケリングに行ったのですが、その美しさと言ったら...

*この記事は8月2日の出来事について書いています。
 使用機材 : Nikon COOLPIX 5600 & WP-CP3 (水中撮影用ハウジング)

■By mura-san | 2006-08-09 22:23 | 2006夏旅 鳩間島へ / 旅の語らい | コメント (6) | トラックバック(0)


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://mura-san.jp/blog/murasan-tb.cgi/1411
*トラックバックをお送り頂く際には、一緒にコメントも頂けると嬉しいです♪



コメント

すてきな写真ですね。
私はスキューバーダイビングを時々するのですが、
一番見たいものは珊瑚です。
鳩間島のエダサンゴはとても立派ですね。なんだか嬉しいです。
波酔いするのであまりシュノーケルしたことないんですが
ここは波酔いしてもいいから覗いてみたいですね。
やはり離島はいいですねー

□Wrote by まゆみ | 2006年8月10日 21:25


まゆみさん
ここはビーチからのエントリーでしたが、自然のプールの中はとても綺麗でした。
とっても心地よくって、しばらく浮いてましたから(笑)

この後にボートで行ったポイントはさらに見事な珊瑚を沢山見ることが出来ました。
また明日にでも載せようと思いますのでお楽しみに~

去年黒島沖の珊瑚を見た時にはその美しさに驚きましたが、今回の鳩間沖はその上を行く程で大感動でした。
私はダイビングはやらないのですが、シュノーケリングで十分に楽しめてるからいいかな~って感じです。
安上がりですしね(笑)

□Wrote by mura-san | 2006年8月10日 22:29


デジカメに防水パックを付ければ撮影できるのでしょうか?
涼しげでいい感じですね~
私はさきほど涼しいはずの地方から帰って参りました。
いや~連日の30度越えで、発汗度200%って感じでした。(^^;)
そうでもいいですが、某所でご一緒した方は、首都圏在住の会社員「むらさん」!進学を機に上京され、現在はペーパードライバーだそうです。あ、でもいたって健康そうでしたが…(笑)

□Wrote by 内田@CBR600F | 2006年8月11日 00:10


わー、楽しみ!
八重山は、万人が楽しめる海ですよねー。
もう、ダイビングは本当にお金がかかるわ、荷物は増えるわで・・・。でも海中に滞在するという感覚が面白くて(笑)。
これからもキレイな海を見続けて行きたいですね。

□Wrote by まゆみ | 2006年8月11日 22:05


内田@CBR600Fさん
私はデジカメに水中用のハウジングを付けて撮影していますが、深く潜らないようなら袋タイプの手軽な
防水ケースも有るようですよ。
北がそんなに暑いのなら、やっぱり夏は沖縄に行った方がいいかな(笑)
むむ…私以外のむらさんが出没ですか…

□Wrote by mura-san | 2006年8月11日 23:31


まゆみさん
今回一緒のツアーに行ったご家族の中には小学三年生の女の子も居たのですが、この娘はライフジャケット無しで
ドロップオフの水深の深いところでも全然平気と言うスゴイ子でした(笑)
もっと素潜りが上手になって、水中にもう少し長く滞在したいとは思いますけどね。

海水温の上昇で死んだ珊瑚、オニヒトデに食べられて死んだ珊瑚、人が踏みつけて死んでしまった珊瑚などなど
いろいろ見てきましたが、ホントこんなに綺麗な珊瑚を目の当たりにするとそれを育てる海は大切にしなければと
思いますよね~

□Wrote by mura-san | 2006年8月11日 23:42


コメントしてください




保存しますか?