« [パノラマ] 柔らかくも力強い山々の美しさ | メイン | やっぱり猿が面白い! »

2007年1月 6日 (土曜日)

カフェ・ド・ラペでランチ

チーズとろとろ~ 温ったかくて美味しかった~

 スノーシューで雪原を歩きヘトヘトに疲れながらも(笑)、その可憐さに感動した「絵本の木」。
そして、雄大な美しさに震える程だった「十勝岳連峰の山々」を堪能した後、少し遅くなってはしまい
ましたがランチを頂くために美瑛の美沢に有る「カフェ・ド・ラペ」へ。

素敵なお店と言う評判はいつも耳にしていたのですが、なかなか行く機会が無く…

今回初めて訪れた「カフェ・ド・ラペ」は当然深い雪の中…

手作り感に溢れる、山小屋風の素敵なカフェは白樺の木立の中にひっそりと佇んでいました。

よく「カフェ・ド・ラペ」を訪れる方のススメで、今回のランチは「ラクレット(2,000円)」をチョイス。

ラクレット 3人前 この他にパンが付きます

このプレートで3人前なんですが、フランクフルトにじゃがいも、ベーコンに海老や茸、野菜などなど…
この他にフランスパンをカットしたものも付いていましたよ。

こんな感じで専用のプレートで焼いてから頂きます

本来、「ラクレット」とは暖炉や専用のオーブンで丸いチーズを半分に切ったものの断面を溶かして、
その部分をそぎ取ってジャガイモなどに添えるチーズ料理なのですが、ここではカットしたチーズを
自分専用のチーズ溶かし用プチ・フライパン?で好みの柔らかさに溶かし、添える肉や野菜などは
プレートで焼くスタイルになっています。

2,000円のランチはちょっと贅沢だなぁ (^-^;; なんて思ってたんですが、想像以上に美味しく、楽しく
ちょっとハマってしまったかもしれません♪
次もぜひ来たいなぁ… 誰か一緒に行きましょう(笑)

トロトロに溶かしたチーズをかけたじゃがいもやソーセージ、パンを頂くと、身体の芯から温まって来
ますし、何より「鍋」に通じるものが有ると思うのですが、みんなで同じプレートをつっついていると
なんか連帯感が生まれると言うか(笑)

プレートの上のソーセージや野菜が焼けるまで、チーズが溶けるまで適度に時間が空くので会話も
弾んでとっても楽しかった~♪

この日「ラクレット」を注文したのは6人、大勢の方がより楽しいかも!!

今回はランチだけだったので、次回はコーヒーでも飲みながら窓の外をぼーっと眺めていたいかも…
当然… ケーキを付けて(笑)

◇ この記事は2007年1月1日のデキゴトについて書いています ◇

■By mura-san | 2007-01-06 06:41 | 旅の語らい | コメント (0) | トラックバック(0)


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://mura-san.jp/blog/murasan-tb.cgi/1735
*トラックバックをお送り頂く際には、一緒にコメントも頂けると嬉しいです♪



コメント

コメントしてください




保存しますか?