« キーホルダー | メイン | 沖縄タウン誕生2周年記念「うりずん祭り」 »

2007年4月15日 (日曜日)

八重山古典民謡のお稽古(2007.4.14)

 昨夜は八重山古典民謡のお稽古でした。

昨日はぐーんと暖かくなって、昼間はTシャツでも大丈夫な程。
夕方、お稽古に行く時にはもう上着は要らないなぁと長袖のシャツだけで出掛けたのですが、電車の
中は冷房が効いていてビックリ!!
お稽古の時は閉めきった部屋に数人居るだけなのですが、ちょっと暑いくらいでしたから…

そんな昨夜のお稽古は…

本調子

 ・赤馬節
 ・鶴亀節
 ・鷲ぬ鳥節
 ・石ぬ屏風節
 ・たらくじ節
 ・下原節
 ・繁昌節
 ・とぅまた節
 ・久高節
 ・白保節

そして二揚

 ・千鳥節
 ・夜雨節
 ・安里屋節
 ・崎山節

珍しい三下

 ・世果報節

さらに一揚

 ・胡蝶の唄
 ・揚古見ぬ浦唄

再び二揚

 ・月ぬまぷぃろーま節
 ・とぅばらーま

今回はコンクールの課題曲はきっちりと押さえながらも、バラエティにとんだ選曲となりました。
「だいぶ声も出てきてるから、そろそろコンクール用に独唱の練習もしてもらおうかね」なんて言われて
ドキドキ(笑)
相変わらず、暗譜はしているはずなのに、お稽古の時にはボロボロになってしまうので…
まだまだ唄い込みが足りない証拠ですね。
それでもようやく花粉症も落ち着いてきて、喉の調子も良くなってきたので高い声もそこそこ出るように
はなってきたように思います。

昨夜は6月24日に行われる、同じ八重山古典民謡保存会関東支部に属する東玉盛研究所の公演、
「若月ぬかぬしゃーま」のチケットを師匠から購入。
今年は「うたの日カーニバル 2007」に行きたいなぁ…なんて思っていたのですが、そうでした!今の
私の中では「若月ぬかぬしゃーま」>「うたの日カーニバル 2007」なのでした。

前回のお稽古の帰りに電車の中で勧誘?した女性からの連絡は無いそうです…
三線には興味が有っても、八重山古典民謡となると敷居が高いのかな…

■By mura-san | 2007-04-15 08:51 | 三線 / 慶田盛 宏 研究所 | コメント (0) | トラックバック(0)


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://mura-san.jp/blog/murasan-tb.cgi/1900
*トラックバックをお送り頂く際には、一緒にコメントも頂けると嬉しいです♪



コメント

コメントしてください




保存しますか?