« 波照間 「kukuru cafe」 | メイン | みんぴか お休み中 »

2007年8月 7日 (火曜日)

波照間で見た夕日 その2

■2007年8月1日(水) 2007年夏旅 波照間へ その16

070801_sunset1.jpg

 この日も宿の息子さんが車を出して下さって、みんなでニシハマへ夕陽ツアーへ。

前日よりも雲が少なく、良い感じで太陽が段々と水平線に落ちてきます…
不思議なのは、こんなに赤く焼けているのに、海面の微妙なグリーンが判別出来るんですよ。

もうちょっとで水平線!ガンバレ~ と、あと僅かのとこで、夕陽は雲の中へ霞んで消えてゆきました。

070801_sunset2.jpg

それでもこの美しさ、十分にシアワセな気分に浸ることが出来ました。
ちょっとものがなしくも有りましたけど…

■By mura-san | 2007-08-07 22:18 | 2007夏旅 波照間へ / 旅の語らい | コメント (6) | トラックバック(0)


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://mura-san.jp/blog/murasan-tb.cgi/2177
*トラックバックをお送り頂く際には、一緒にコメントも頂けると嬉しいです♪



コメント

波照間の夕日、実に素晴らしいできばえですね。
誠に不躾なお願いで恐縮なのですが、近々出版を予定している
私の本の表紙に是非使用させて頂きたいのです。
まだお目にかかったこともない方に、面倒なお願いで図々しいと思われるでしょうが、もしも許可いただけたら素晴らしい本になると確信しています。
どうかよろしくお願い申し上げます。
写真は上の方に掲載されているものです。
データをお送りいただければ、本当にありがたいのですが。

□Wrote by 寺坂国之 | 2010年10月 7日 13:19


寺坂国之さん
コメント有り難うございます。また写真を気に入って頂けたようで嬉しいです。
波照間の夕陽の写真を寺坂さんの本の表紙に使いたいとの件、了解致しました。
詳細及びオリジナルの画像ファイルはメールでお送り致しましたが、コンパクトデジカメで撮影
したものですので印刷に耐えうる品質であるかどうかは分かりません。
その点は御了承頂ければと思います。

□Wrote by mura-san | 2010年10月 7日 22:36


拝啓
むらさん写真ありがとうございました。
お陰さまで長年の念願がかない、古代史の拙著「氷解する古代」を上梓することができたことをご報告申し上げます。
この四十数年、古代史の森をさ迷いながら、一人コツコツと積み上げてきた研究がやっと実ったものです。
この本は有史以来の倭人と倭国の歴史を描いていますが、その中で最大の成果は何と言っても「中国の史書上における、もう一人の卑弥呼」を証明できたことにあると思います。
「二人の卑弥呼」などというまがい物の説は今までにも散見されますが、「後漢書倭伝における卑弥呼を、もう一人の卑弥呼とした説」は、現状においては皆無のようです。
しかし先入観を排してごく普通に考えてみれば、後漢書と魏志倭人伝という異なる史書にそれぞれ登場している卑弥呼を、同じ名前だからといって安易に同一人物とするわけにはいかないと思われます。
後漢と三国時代は確かにつながってはいますが、時代を異として出現しているその時代ごとのヒロインが、ヒロインであるからこそ、その登場の際は一定の年齢に達していたものと解され、常識的に考えて決して同一人物とはならないですね。
同一名という紛らわしさは、歌舞伎などのような「襲名制」なんて制度を介入させれば、たちどころに解決されますからね。
この卑弥呼の問題以外にも、皆さんが仰天するような内容がいくつも盛り込まれていて、結構楽しめる内容となっています。
この機会にむらさんにもご一読いただければと思い、ぜひ進呈したいのですがご連絡いただけないでしょうか。
どうかよろしくお願い申しあげます。
敬具

2011年2月5日
寺 坂 国 之

□Wrote by 寺坂国之 | 2011年2月 5日 10:54


寺坂国之さん
出版おめでとうございます。
ここのところバタバタしていて、メールでも連絡を頂いていたのに申し訳ありません。
古代史には疎い私ですが、どんな歴史が隠されていたのか楽しみにしています。

□Wrote by mura-san | 2011年2月 5日 22:37


すすすっごいですね~!!!
以前、コメントを拝見していて、
気にはなっていたのですが・・・。
今日帰り、本屋に寄ってみます。

□Wrote by abletom | 2011年2月 7日 10:10


abletomさん
本屋さんでもう見つけましたか?
Webで著者の寺坂さんを検索してみたら、沢山出てきました!
しっかりと表紙の写真も載っていて、ここにも載せている波照間の夕陽を使って下さったようです。

blogの写真を使わせて下さいという申し出はたま~に有るのですけど、画像を送ってもその後音沙汰無し
という場合も多いのでこのようにちゃんと形になって出てくると私もホント嬉しいです (^-^)V

□Wrote by mura-san | 2011年2月 8日 00:17


コメントしてください




保存しますか?