« 穴が開いた~ | メイン | ハバネロ・レッド育成日記2007(8月12日) »

2007年8月12日 (日曜日)

八重山古典民謡のお稽古(2007.8.11)

 昨日は少しお稽古が早く終わったので、いつもより数本早い電車に乗れた上に、すぐに座れたし、
花火大会帰りの浴衣姿の女性も多くちょっとシアワセな気分で発車を待っていたのですが(笑)

なんと、人身事故で後続の電車が遅れるために時間調整…

10分後に動き始めたものの、駅毎に時間調整で数分間止まるため、結局部屋に戻ったのはいつも
より30分近く遅い時間でした。
いつも思うのですが、乗ろうとした電車が事故などで遅れて来ないのはしょうがないとして、後続電車
が遅れているからと道連れになるのは納得がいかないんですよね。
そのまま時刻表通りに動いていれば予定通りに過ごせた人達まで、時間調整で遅れさせることになる
訳ですから…

そんな昨夜のお稽古は、

珍しく二揚からスタート

 ・古見ぬ浦節
 ・千鳥節
 ・とーがにすざー節
 ・仲筋ぬぬべーま節
 ・月ぬまぷぃろーま節
 ・とぅばらーま
 ・しょんかねー節
 ・崎山節
 ・夜雨節
 ・安里屋節

本調子へ

 ・鳩間節
 ・鶴亀節
 ・目出度節
 ・黒島口説
 ・久高節
 ・赤またー

さらに一揚へ

 ・揚古見ぬ浦節
 ・胡蝶の唄

再び本調子に戻して

 ・越城節
 ・たらくじ節
 ・新安里屋ゆんた

波照間へ旅行に行って以降、あまり三線に触っていなかったので、今日はまずは声出し程度に…
な~んて思っていたのですが、やっぱり声を出していなかったので全く唄えないような状態。
少しづつでも継続していることが大事なんだなぁということを痛感しました。
9月9日の舞台へ向けて、そしてコンクールへ向けて仕上げていかなきゃいけないし、がんばらないと。

■By mura-san | 2007-08-12 10:36 | 三線 / 慶田盛 宏 研究所 | コメント (0) | トラックバック(0)


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://mura-san.jp/blog/murasan-tb.cgi/2192
*トラックバックをお送り頂く際には、一緒にコメントも頂けると嬉しいです♪



コメント

コメントしてください




保存しますか?