« 石垣への空路 | メイン | 波照間 「けだもと荘」 »

2007年8月 5日 (日曜日)

波照間航路

■2007年7月30日(月) 2007年夏旅 波照間へ その4

 離島桟橋が新しくなってから初めて訪れたのですが…

「なんか、石垣空港よりもよっぽど空港らしい雰囲気」ですね (^-^;;

切符売り場も整然と並んで、船の出航予定も液晶なんかで表示されて、綺麗なんですけどね…
前の離島桟橋のような地元の人達の生活感と言うか、旅立つ人達のワクワク感は薄れてしまった
ように感じます… まぁ、部外者の単なるノスタルジーでしかないのでしょうが…

さて、波照間行きの三便のチケットを買おうと安永観光の売り場へ行くと…
「既に満席です」って!が~ん (ToT)
と、実際には落胆する間もなく、「奥の波照間海運で同じ時間に出る船が有りますから、そちらで」と
教えて頂いたのですが(笑)

安永観光の船は実際にはもっと乗れるのですが、船舶免許の関係で定員は12名になっているのだ
そうです。なので、すぐに満席になってしまうのだとか。
定員が12名だから、小さい船で揺れるのでは…と心配している人が居ましたけど、船の大きさ自体
は波照間海運のものとほとんど変わらないのでその点は大丈夫ですよ。

070730_08.jpg

新離島桟橋に置いてある、誰が弾いてもいいと思われる三線。
私が行った時には弾いていらっしゃる方が居たので、触ることは出来ませんでしたが。
どうも、三線体験ツアー関連の会社が置いているようで、帰りにはこのテーブルを使って申し込み書
の記入をなさっているお客さんの姿も有りました。

この日は「ニューはてるま」はドック入り中とのことで、八重山観光の「サザン・キング」で波照間へ。
離島桟橋は新しくなっても、乗ってる地元の人達は全く変わっていない訳で(笑)、出航する前から
既に座席を3つ使って寝てしまっているおじぃの姿も。

波照間行きの高速船は尋常じゃないくらい揺れるよ~!と、散々脅されていましたが、行きも帰りも
ベタ凪で全く揺れることなく快適な航路でした。
地元の人に聞くと、夏の時期は台風の影響が無ければそんなには揺れないよってことだったので、
あまりビビルことは無いのかも。もっとも、こればっかりは波の状態次第ですからねぇ…

070730_09.jpg

丁度新しく出来た石垣島ドリーム観光のフェリー「フェリードリーム」が同じ時間に出航でした。
この「フェリードリーム」、その名の通り車も4台乗せられるフェリーなんですが、速い!!
途中、「サザン・キング」は抜かれましたから(笑)

でも、私はゆっくりとしたフェリーの方が好きですね。 八重山観光の「かりゆし」とか…
今回も波照間からの帰りはフェリーにしたかったのですが、飛行機の時間に間に合わなかったので
断念したくらいなので…

波照間までは高速船で約1時間、同じ時間に出航した安永観光の船より少し遅れてサザン・キング
は波照間の港へ入港したのでした。

■By mura-san | 2007-08-05 18:53 | 2007夏旅 波照間へ / 旅の語らい | コメント (2) | トラックバック(0)


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://mura-san.jp/blog/murasan-tb.cgi/2165
*トラックバックをお送り頂く際には、一緒にコメントも頂けると嬉しいです♪



コメント

サザンキングは波照間にはいけません。
安栄と波照間海運だけです。

□Wrote by Anonymous | 2010年7月28日 01:24


匿名さま
通常時はご指摘の通り八重山観光の「サザン・キング」が波照間に行くことは有りません。
但し、日記中にも書いておりますが私が波照間へ向かったこの日は「ニューはてるま」がドック入り中
であり、代替船として八重山観光の「サザン・キング」で運行されていました。
ドッグ入りの際に他社の船を代替船とするのは珍しいことではないようですが、私自身は波照間に行く
のにどうせなら「ニューはてるま」に乗りたかったのでガッカリしたのを覚えています。

□Wrote by mura-san | 2010年7月28日 07:06


コメントしてください




保存しますか?