« ゴーヤー育成日記2007(8月25日) | メイン | 八重山古典民謡のお稽古(2007.8.25) »

2007年8月25日 (土曜日)

熟したゴーヤーが破裂

 まだ実が小さいから…なんて油断していると、あっと言う間にゴーヤー達は熟して、普段の緑色から
はとても想像出来ない鮮やかなオレンジ色に変わってしまいます。

さらにそのままにして、ほったらかしてると…

070825_2.jpg

自然に実が割れて、中から赤いジェル状のものに覆われた種をそこいら中に撒き散らします。

070825_3.jpg

この赤い部分には粘性が有るので、落ちることなく実にしがみついているものも。

こうして見てみると、ゴーヤーの表面の凸凹は熟した時に上手く実が割れるように、切り取り線の
ような役目も果たしているのだなぁと感心してしまいます。

と、感心してないで、熟す前にちゃんと収穫して食べなきゃダメですよね(笑)

■By mura-san | 2007-08-25 10:12 | ガーデニング2007 | コメント (4) | トラックバック(0)


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://mura-san.jp/blog/murasan-tb.cgi/2216
*トラックバックをお送り頂く際には、一緒にコメントも頂けると嬉しいです♪



コメント

こうなるのを期待していたけどその前に腐ってしまいました。
自分で育てたゴーヤですが、苦さに負けました。(^^;ゞ
その後、お店で買ったゴーヤを試してみたけどやっぱり苦ー!
大人すぎる年齢ですが、お子ちゃまなみの味覚の持ち主です。(;´▽`A``

□Wrote by ふにゅ | 2007年8月25日 12:01


こんなになるんですね。
驚きました。
ヘンな感覚かもしれないですが、ベル型のクレマチスの花のようです。
でもそれよりずっと大きいのですから、迫力あるでしょうね。

□Wrote by ミントのみん | 2007年8月25日 14:21


ふにゅさん
うちも小さいものだけなので、ここまで綺麗に裂けるものは珍しくって、そのままの形で腐ってしまう
ものも多かったですよ。
そうですか~ゴーヤーの苦みはダメですか…
私は苦いのも大丈夫なようで、この苦みが健康の元!とわしわしと食べてます。
って…どんなに考えてみても、苦手な味のものって思い浮かばないかも(笑)
まだまだ実りそうなので、秋が来るまでチビ・ゴーヤーを味わいたいと思っています。

□Wrote by mura-san | 2007年8月25日 15:52


ミントのみんさん
沖縄の人でも、こんな風にオレンジ色になるのは知らない人も多いようですよ。
何故なら、こんなになる前に全部食べちゃうから(笑)
スーパーなどで売ってるゴーヤーも、熟す直前のものであれば、数日置いておけばオレンジ色になったり
しますよ。たまに中のワタや種の周りが赤くなってるものも有りますしね。

今回は見事に3つに等分されて裂けたので、ちょっとした花弁のように見えるのかもしれません。
クレマチスのように可憐では有りませんけど (^-^;;
どっちかと言えば… 不気味かも…
でも、鮮やかなオレンジ色は南国のフルーツのようにも見えませんか?

□Wrote by mura-san | 2007年8月25日 15:58


コメントしてください




保存しますか?