« 浅草寺のおみくじ | メイン | 白いゴーヤー »

2007年9月 2日 (日曜日)

八重山古典民謡のお稽古(2007.9.1)

 涼しい日が続いて、いよいよバスの中の冷房も切られていました… ちょっと蒸し暑いくらいでしたが。

交換したばかりで伸びが心配された絃ですが、だいぶ落ち着いているようで、そんなに激しく音が変わ
ると言うことは有りませんでした。

そんな昨夜のお稽古は、

まずは本調子

 ・赤馬節
 ・しゅうら節
 ・越城節
 ・まんのーま節
 ・たらくじ節
 ・石ぬ屏風節
 ・ゆんたしょうら
 ・みなとーま
 ・新安里屋ゆんた
 ・黒島口説

二揚にして

 ・とーがにすざー節
 ・仲筋ぬぬべーま節
 ・崎山節
 ・月ぬまぷぃろーま節
 ・とぅばらーま
 ・千鳥節
 ・夜雨節
 ・安里屋節
 ・まるぶんさん節
 ・殿様節「早調子」
 ・八重山育ち
 ・弥勒節

昨夜は最優秀賞の課題曲の練習が中心だったので油断していたら、突然師匠から独唱してみて!と
の指名が (^-^;;
やはり課題は唄い始めの息の吸い込み不足で、どうしても最後が弱くなってしまうこと…
逆に呼吸にばかり意識が行ってしまうと、それ以外の部分が曖昧に…
みんなで唄っていると、途中で適当に息を継いで練習してしまうことが多く、その弊害が今頃になって
出てきている始末です。しばらくは息の吸い方を練習しなければ…

今日もこれから9月9日の公演の練習で厚木へ行ってきます。

■By mura-san | 2007-09-02 08:23 | 三線 / 慶田盛 宏 研究所 | コメント (0) | トラックバック(0)


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://mura-san.jp/blog/murasan-tb.cgi/2228
*トラックバックをお送り頂く際には、一緒にコメントも頂けると嬉しいです♪



コメント

コメントしてください




保存しますか?