« 飛鳥山公園 第2回さくらエイサー祭り | メイン | 期限切れ... »

2008年3月30日 (日曜日)

八重山古典民謡のお稽古(2008.3.29)

 昼間は本当に暖かくてお花見日和、お酒飲んで花の下でゴロゴロしたかったけど、昨日
も夜にお稽古が有るということでグッと我慢...
先週に比べると花粉の量が減ったのか?お稽古の最中、ずーっと鼻水が...なんてことは
無かったけど、逆に喉の調子は良くありませんでした...

そんな昨夜のお稽古は、

まずは本調子から

 ・赤馬節 ~ しゅうら節
 ・越城節 ~ 前ぬ渡節
 ・たらくじ節
 ・石ぬ屏風節
 ・鳩間節
 ・上原ぬ島節
 ・でんさ節
 ・黒島口説
 ・崎山ゆんた
 ・みなとーま
 ・新安里屋ゆんた

そんでもって二揚げへ

 ・しょんかね節
 ・月ぬまぷぃろーま節
 ・古見ぬ浦節
 ・千鳥節
 ・まるまぶんさん節
 ・殿様節

昨夜は舞踊やゆんたで用いられる早調子の曲についても練習を行いました。
三線の方は段々と覚えてきてはいるのですけど、唄をのせるのが...
声楽譜には一番の歌詞しか書かれていませんので、二番以降は師匠の唄を聴き、覚える
しか他有りません。
そんな時に限ってICレコーダーの電池が切れてしまっていて、録音出来てないし...
殿様節早い上に、手をスライドさせての勘所が全然ずれているし...まだ全然ダメです...

■By mura-san | 2008-03-30 13:53 | 三線 / 慶田盛 宏 研究所 | コメント (0) | トラックバック(0)


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://mura-san.jp/blog/murasan-tb.cgi/2554
*トラックバックをお送り頂く際には、一緒にコメントも頂けると嬉しいです♪



コメント

コメントしてください




保存しますか?