« 与那国・空から見たティンダバナ | メイン | 与那国・ダンヌ浜でのシュノーケリング(2008年8月7日) »

2008年8月13日 (水曜日)

与那国そば・まるふく食堂(2008年8月7日)

080807_6.jpg

 この日はふくやまスーパーの交差点の一本裏手、まるふく食堂で「与那国そば(刺身付き)」
を頂きました。(700円也)
沖縄そばの上に炒めたモヤシと卵焼きがのっていて、生姜が薬味として添えられています。
そして、麺の中に三枚肉が埋もれてましたよ (^-^;;
これが与那国そばか~と、感動したのですけど...宿の人に聞いたら、一般的な与那国そばとは
違うのだそうです (ToT) え~っ、じゃぁ本当の与那国そばって... 謎は残されたままです(笑)

ちなみに、このまるふく食堂、おもいっきりフツーの民家の座敷に上がって食事するって感じ
でした。

■By mura-san | 2008-08-13 19:39 | 2008夏旅 与那国へ / 旅の語らい | コメント (2) | トラックバック(0)


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://mura-san.jp/blog/murasan-tb.cgi/2780
*トラックバックをお送り頂く際には、一緒にコメントも頂けると嬉しいです♪



コメント

私も「まるふく食堂」行ってきました。
9月4日に、ホテル「アイランドリゾート与那国」に宿泊。
「料理が美味く、ちょっと酒が飲めるところ」のお勧めをホテルの方から聞きました。
ホテルからゆっくり歩いて20分ぐらい。

道中は街灯もとぎれとぎれの中、着いてみると古民家を改造したということで、
田舎の親戚の家って雰囲気です。

ちなみに、着いた時には20:30頃で他にお客さんは居ませんでしたが、
店の中をのぞいた時に、西田敏行のビールを飲んでいる大きいポスターが見えて、
先客と間違えました。(笑)

メニューはあるが、実際にはその日に調達できた食材で作るため、
出せない物が多いとのことで、メニューにある「おすすめ」コース 3,000円~を注文。
大人二人で出かけたのですが、1つ注文すれば2人がおなかいっぱいになる位の量
との事です。

出てきた料理は、
  マグロのカルパッチョのような物。
  寿司。
  地元の野菜を使った炒めもの。
  スズキ?のような魚の塩煮。

私は、普段魚料理はあまり食べないのですが、生ビールや泡盛を飲みながら、
どれもおいしく頂きました。大満足でした。
ホテルの方いわく、「地元の人の料理で、他から来た人では好き嫌いがあるかも...」
と言っていたのですが、魚好きというほどでも無い方でも十分行ける料理だと思います。
残念ながら、ブログ写真の与那国そば?は食べていませんが、次回は食べてみたいです。

また、途中から地元の方が来られて声をかけてくれました。
そのうち一段落した店の給仕の方や大将もまじり、地元の話も聞けて楽しく時間を
過ごすことができました。

みなさんも与那国へ行くことがあれば、一度寄ってみてください。おすすめです!!

□Wrote by Dragon | 2008年9月13日 20:11


Dragonさん
そうなんですよね、上がるとすぐに仏壇が有って (^-^;;
私もガイドブックとかに載ってないようなお店は…と、適当に歩いていて見つけたお店で、
軽く済ませたかったのでそばにしましたけど、隣の人が食べていた煮付けの定食はボリューム
もたっぷりで美味しそうでしたね。
私は宿で夕食を食べて、そのまま宿で飲んでいたので、夜呑みに出掛けることは無かったので
すけど、次行くことが有ったらぜひ一度は夜に行ってみたいです。
まぁ…
与那国は簡単に行ける程近くは有りませんけど(笑)

□Wrote by mura-san | 2008年9月14日 22:25


コメントしてください




保存しますか?