« 与那国・久部良バリ(2008年8月6日) | メイン | 与那国・ティンダバナからのパノラマ風景 »

2008年8月12日 (火曜日)

与那国・ティンダバナ(2008年8月7日)

080807_1.jpg

 ティンダバナは祖納集落のすぐ脇に有る、まるで一枚岩のようにも見える、切り立った
巨大な断崖。
道路脇に有る駐車場にバイクを止めて歩き始めると、やがて遊歩道は大きな浸食洞の中を
通って、祖納集落を一望出来る展望所に辿り着きます。

080807_2.jpg

途中には清水が湧いており、この浸食洞は神聖な場所だそうで、私が行った時も村の行事
の後でしょうか、椅子やテーブルがまだ置いたままになってました。

眺めもいいし、日陰になってるのでとっても涼しいです (^-^)V

080807_3.jpg

最初、この遊歩道をずっと進んで行けばティンダバナの上に出られるものと思っていたの
ですが、祖納集落を一望出来る展望所を過ぎると整備されていない荒れた道となり、軽装
ではとても進めそうも無かったので諦めて来た道を戻る羽目に... (ToT)

実は、ティンダバナの上に出ることが出来る別の道が有って、駐車場を出てちょっと走った
ところで小さな横道を見つけたのでした。

■By mura-san | 2008-08-12 21:28 | 2008夏旅 与那国へ / 旅の語らい | コメント (0) | トラックバック(0)


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://mura-san.jp/blog/murasan-tb.cgi/2777
*トラックバックをお送り頂く際には、一緒にコメントも頂けると嬉しいです♪



コメント

コメントしてください




保存しますか?