« 帰ってきました | メイン | 2008夏旅 与那国へ »

2008年8月 9日 (土曜日)

ANA プレミアムクラス

080803_2.jpg

 8月4日与那国行きの飛行機に乗るためには、羽田を朝出て乗り継いで行けば出来ないことは無い
のですが、当然那覇、あるいは石垣行きの飛行機が遅れればOUTな訳で...
それならばと、3日に那覇の「東横イン 那覇おもろまち駅前」に前泊することに(3,950円也)

いつもなら八重山へは株主優待券を利用する関係で、那覇便はJALを使うことが多いのですが、
今回は「プレミアムクラス」を使ってみたい!と言うことで久しぶりにANAに乗ってみました。

しかし...

 今回、ANAとは相性が悪かったのでしょうか、ちょっとしたイヤな気分に...

【その1】行きの那覇便、隣に座った客のせいでプレミアムクラスが台無しに...

 詳細はまぁ省きますが、私の隣席の方がず~っとCAにクレームを入れ続け、全く心休まる
時間が有りませんでした。
クレームの内容は必ずしも的を外しているものでは有りませんでしたけれども、もう途中から
それは言いがかりもいいところでは?と言うところまでエスカレート...
私はもっとお酒を頼んで美味しい料理&お酒を楽しみたかったのだけど、CAを呼べば再び
クレームを付けるので、気の毒になって食事が終わったところでお酒を頼むのは止めました。
正直、プレミアムクラスの狭い空間に居るのなら、一般席に移りたかったくらい...
このような客への対応は難しいとは思うけど、なんとかしてもらわないと、快適な空間、時間を
求めて「プレミアムクラス」の料金を払ったのにこれでは意味が有りません。

ちなみに、帰りのプレミアムクラスは全く持って問題無く、とってもリラックス出来ましたよ。

【その2】空席待ち時の手荷物預かりで石垣空港のカウンターで聞いた話と違う...

 帰りの日、那覇の天気が悪く飛行機が遅れ気味と言うことも有って、やりたいことはほぼ全部
出来たので空席待ちをして早く帰ることに。
石垣空港で那覇ー羽田便の変更をお願いしたところ「空席がございます」ということでラッキー
と思ったら、機器操作のタッチの差で満席に... まぁ、これは良くあること。

そんな訳で、那覇空港の空席待ちカウンターに申し込んで下さいとのこと。
この際、乗り継ぎで預けて有る手荷物を一旦受け取る必要が有るかどうかを尋ねたのですけど、
その際には「荷物は預けたままで大丈夫です」との回答。

が...

那覇空港のゲート内の空席待ちカウンターに申し込むと、「便が確定するまでは、一旦荷物を
受け取る必要が有ります。」とのこと。
ん?石垣空港で聞いた説明と違うじゃないですか...
一旦到着ロビーへ出て、手荷物を受け取って、再び戻って来いと...
結局、石垣空港では預けたままで問題無いとの説明を受けたことを伝えると、係員の方が持って
来て下さいました。
とは言え、大きな荷物を持ってうろうろすることも出来ず、プレミアムクラスに空きが出るはず
も無く、結局...当初の予定通りの便で帰ってきました。

おまけに最後の最後にゲートの職員の方に三線を手荷物で預けるようにと指示され、初めて
「壊れても責任は問いません」の誓約書にサインする羽目に。
機内の収納スペースが限られている以上、満席時など預けなければならないのはやむを得ない
とは思うけど、壊れても文句を言わないでね~なんていうのはやっぱり気分が悪い...

なんかね... 今回の旅はほとんど問題も無く楽しかったのですけど、この往復の飛行機だけは
ちょっと...

■By mura-san | 2008-08-09 20:35 | 2008夏旅 与那国へ / 旅の語らい | コメント (0) | トラックバック(0)


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://mura-san.jp/blog/murasan-tb.cgi/2766
*トラックバックをお送り頂く際には、一緒にコメントも頂けると嬉しいです♪



コメント

コメントしてください




保存しますか?