« 2010年9月 | メイン | 2010年11月 »

2010年10月31日 (日曜日)

ZEAL 羽田国際線OPEN特別記念クルーズ

 台風の接近にやきもきしましたが、今日は株式会社ジールさんのクルージングに参加してきました。

『羽田国際線OPEN特別記念クルーズ』

羽田空港での飛行機の離発着を沖合から見られるというこのクルージング、船という利点を生かして
D滑走路の近くまで行ってくれるんです!
こんな機会は滅多にない!と2,500円の有料クルーズですが大喜びで申し込んでしまいました (^-^;;

出発はお台場に有る青海客船ターミナルから。
最大で33人乗れるというカジュアルクルーザー「チップ」に乗船していよいよ出港です!

101031_8.jpg

羽田空港が近くなると、まず見えたのがB滑走路の着陸進入灯。
単なる水平ではなく、角度が付いていますね。

101031_9.jpg

消えゆくJALのB747が沖止めに。
手前は国際線仕様のJA8910、奥のB747は既にJALのロゴが消されて悲しい姿に...
レジ番号は確認出来ませんでしたが、先日A380飛来の時に見た旧JA8903なのでしょうか?

◆ ↓クリックで拡大します
101031_29.jpg

そして、C滑走路と第2ターミナルを沖合から見るとこんな感じです。
丁度着陸してきたJAL機が前を通り過ぎました。

101031_10.jpg

こちらは帰りに撮影したものですが、海から見た誘導路を走行するANAのB747と新管制塔。
翼端にウイングレットが付いているので、韓国・金浦空港から到着した国際線機材でしょうか?
発表されている機材だとB777なので違うのかな...

101031_28.jpg

次々とC滑走路に飛行機が着陸してきます。

101031_11.jpg

ホント山手線並みの数分間隔で着陸が続きます...

◆ ↓クリックで拡大します
101031_12.jpg

C滑走路用の着陸進入灯の向こうにはD滑走路を見ることが出来ます。

◆ ↓クリックで拡大します
101031_13.jpg

そしていよいよD滑走路の沖合先端部へ。
なんと!着陸進入灯の下をくぐってます!

101031_14.jpg

D滑走路の先っちょには灯台のようなものが...

101031_22.jpg

D滑走路の埋め立てで作られた部分と、桟橋方式で作られた部分との境界部分へ。
太いステンレスが沢山打ち込まれた桟橋部分は、以前に見学した首都圏外郭放水路の「地下神殿」
のような眺めでもあります。

◆ ↓クリックで拡大します
101031_15.jpg

あぶな~い! 2機の飛行機が超接近! ではなくって... (^-^;;
A滑走路にはJAL機が、C滑走路にはエアドゥ機が平行して着陸体制に入った姿をD滑走路越しに
見ることが出来ました。

101031_23.jpg

D滑走路の桟橋部上には離陸体制に入った「坂の上の雲」ラッピングジェットが。

101031_16.jpg

こちらはテトラポッドに囲まれた埋め立て部で離陸直後。

101031_17.jpg

D滑走路沖でこんな風に離陸してゆく飛行機をしばらく眺めていました。
心配していた揺れもこの時はほとんど無かったので気持ちよかったですよ~
もっともっと見ていたかったけど、あっという間に時間は過ぎ青海客船ターミナルへ戻る時間に...
こうして今回の約1時間30分のクルージングは終わりを迎えました。

101031_18.jpg

◆ ↓クリックで拡大します
101031_26.jpg

101031_27.jpg

今回のクルージング、大井ふ頭に留まっている「しらせ」にも近付いてくれたのでこんな写真も。
南極行きに向けて、青いコンテナも沢山積み込まれていました。
しらせの中から手を振ってくれるおちゃめな人も居ましたよ(笑)

101031_24.jpg

101031_19.jpg

また、このクルージングのコースでは東京港周辺の巨大構造物を沢山見ることも出来ました。
東京タワーに東京スカイツリー、レインボーブリッジにふ頭のガントリークレーン群...
そして、先日見たばかりの東京港臨海大橋(仮)もいつもとは違う角度で。

101031_20.jpg

◆ ↓クリックで拡大します
101031_25.jpg

先日の『 船上から体験!「荒川ロックゲート」と「東京港臨海大橋(仮)」 』に参加の際、GPSを
持って行くのを忘れてしまい残念な思いをしたので、今回はちゃんと忘れずログを取ってきました。
D滑走路まで回り込む、大体↓こんなコースでした。

101031_21.jpg

いや、ホント面白かったですよ!
羽田沖で半日くらい係留したままにしておいて欲しいくらい(笑)

もっと飛行機好きの方や、建築物が好きな方が参加しているかと思ったのですけど、今回はあまり
告知していなかったことも有ってかホントに少人数でのクルージングでした。
みんなコンデジで、の~んびりした雰囲気でしたし (^-^;;
もっとも、その分自由に動けてラッキーだったのですけどね。

今回のコース、定期的なクルージングになる予定は今のところ無いとのことですけど、そこは要望
次第で...ということらしいので、今後希望が多ければ実現するかもしれません。
私は機会が有れば、次は天気の良い日にまた乗ってみたいですね~

そうそう、今回は誰も船に酔う人は居ませんでしたけど、沖合に出ることもあってそこそこ揺れは
有るので船酔いし易い人にはちょっと厳しいクルージングかもしれません。

■By mura-san | 2010-10-31 21:53 | おとなの社会見学 / 鉄・飛行機・船 | コメント (6) | トラックバック(0)

宙博(そらはく)2010 へ

 昨日は台風のため断念した 宙博(そらはく)2010 を見に行ってきました。

開場時間に科学技術館に到着すると... チケットを買うためになが~い列が...

ふふ~ん、前売りは買ってあるもんね~ と思っていたら、入るのにもさらに長い列が (ToT)
結局、ようやく宙博の会場に入ることが出来たのは40分後でした...

まずは、大陽観測衛星「ひので」のX線望遠鏡カメラ部から。
いかにも宇宙向けって感じの金ピカ!メカメカしさに胸が高鳴ります(笑)

◆ ↓クリックで拡大します
101031_1.jpg

そして同じく大陽観測衛星「ひので」に搭載されている、可視光・磁場望遠鏡の主鏡・副鏡。
一番奥の丸い小さなテーブル状のものが副鏡、大きなタコの吸盤の集まりのようなものが主鏡です。
展示用のこの主鏡はメッキされていないため透明なガラスのままとなっています。
タコの吸盤のように見えるのは軽量化のために中をくり抜いているのだそうで、元の重さの1/3以下
になっているのだそうですよ。

◆ ↓クリックで拡大します
101031_2.jpg

こちらは日本実験棟「きぼう」のカットモデル。
小さな人形まで中に入っていて、みんな中を覗き込んでいました(笑)

101031_3.jpg

巨大なこのメカはニュートリノビームを作り出す「電磁ホーン」と呼ばれる装置。
筑波にある高エネルギー加速器研究機構からこの電磁ホーンでニュートリノを打ち出し、神岡鉱山跡
に建設された、スーパーカミオカンデで観測するという実験を行っていたそうですよ。

101031_4.jpg

そして!なんとはやぶさ大気圏再突入カプセルが!
って...実物大モデルですが。
ホンモノは相模原市立博物館で見ましたけど、写真は撮らせてもらえませんから (^-^;;

101031_5.jpg

そして、こちらはカットモデル。
回収されたカプセルやパラシュートなど個別には見ましたが、こうやって格納されていたんだと
納得!

101031_6.jpg

そして、一部のコアな方には大人気の「ミネルバ」の模型。
はやぶさに搭載されていた小型探査ローバーのミネルバは、残念ながらイトカワへ着陸することは
出来ませんでした...

101031_7.jpg

ホントはもっともっと展示も有って、ゆっくり見たかったのですけど次の予定が有り...
2時間程で科学技術館を後にしました。

展示自体は興味深く、面白いものが沢山だったのですけど... とにかく混みすぎ (-_-;;

と言うか、展示と体験とスタンプラリーが混然と配置されているために、身動き取れなくなる所
が沢山有り疲れました。
体験のための行列とか、スタンプラリーの行列は展示の流れとは分けないとダメなのでは...

しかも展示がたったの3日間ということもあって、より混雑に拍車が掛かったと思われ...

いい企画なのに残念です...

101031_0.jpg

■By mura-san | 2010-10-31 19:21 | おとなの社会見学 | コメント (0) | トラックバック(0)

2010年10月30日 (土曜日)

スペシャルラーメン・塩@川口家

101030_1.jpg

 今日は科学技術館で行われている宙博(そらはく)に行こうと思っていたのですが、外は台風の風雨...
申し込んでいた 山崎直子 JAXA宇宙飛行士 の講演は抽選に外れたようなので、無理して行くこと無いか
と出掛けるのは止めてしまいました。

  結局、外に出たのはお昼を食べに近所に出来たラーメン屋「川口家」まで (^-^;;
  ニクスキーなので、スペシャルラーメン(880円也)を迷わずチョイス。+味付玉子
  醤油と塩どちらにしますか?と聞かれて、最近食べていない塩にしてみました。

  チャーシューは柔らかく大きいものが3枚、脂身もそんなに多くなくって良い感じ。
  スープは臭みも無くあっさり...ちょっとあっさりし過ぎてるかな...

  困ったのが、海苔が沢山 (^-^;;
  私はラーメンには海苔は要らない派の人間なので...

なんかもう台風の雨雲はほとんど通り過ぎたみたいですね。
思った程風も雨も強くならなくて、ちょっと拍子抜けしてます...
これなら明日は良い天気かな?

■By mura-san | 2010-10-30 20:12 | 日々の出来事 | トラックバック(0)

2010年10月29日 (金曜日)

船上から体験!「荒川ロックゲート」と「東京港臨海大橋(仮)」

 いつもは厳しい懐具合も有って無料の見学、体験に参加することがほとんどなのですけど、今日は
東京都公園協会の主催する有料のイベントに参加してきました。

『 船上から体験!「荒川ロックゲート」と「東京港臨海大橋(仮)」 』

内容はタイトルそのまんまで、通常東京水辺ラインで使っている水上バスに乗って荒川ロックゲート
と東京港臨海大橋(仮)を見学しようという3時間程のクルーズです。

◆ ↓クリックで拡大します
101029_1.jpg

参加費3,300円の中には「なだ万」のお弁当代も含まれています。
船に乗ってる間はずっと外に居たので、このお弁当は結局部屋に持ち帰ってから頂きました (^-^;;
上品でなかなか美味しかったですよ。
もうちょっと量が欲しいところですが、参加者の多くが私よりちょっと?お姉様くらいということを
考えれば、これくらいで丁度良いのかもしれません。

101029_2.jpg

両国を出港した船は隅田川を下り、まずは豊洲水門を目指します。
すっかり隅田川からの風景に馴染んだ東京スカイツリーは、この後もいろいろな所から見ることが
出来ました。
浅草から下って来た水上バスに東京都清掃局の曳舟、さらに漁師さんの船と隅田川の交通は今でも
結構賑やかなようですね。

101029_16.jpg

豊洲水門をくぐって豊洲運河へ入ると、いよいよ未体験のコースです!!
豊洲運河から砂町運河を経由して荒川へ向かうのですが、見たことの有る景色も水上から見ると
違って見えて楽しいですね~
それにしても、人は何故船を見るとみんな手を振りたがるのでしょう?
一生懸命に手を振る幼稚園生たちに、おじさんも一生懸命に振り返しました(笑)

101029_3.jpg

荒川に入るといよいよ本日のメインひとつめ!荒川ロックゲートです。
この「荒川ロックゲート」、実は先日見学した扇橋閘門(おうぎばしこうもん)と同じ機能を持つ
荒川側の閘門。

江東デルタ地帯と呼ばれる地域は土地が低いため、そこを流れる旧中川の水面も大潮の時の東京湾
干潮位に対してマイナス1mになるよう常に調整されているため、江東デルタ地帯の内外を行き来
する船舶の交通のために設けられているんです。

101029_4.jpg

前後のゲートが降ろされて、水位の調整が始まるとマジンガーZの主題歌が頭の中をよぎるのは私
だけでしょうか?もちろん、水面が割れてマジンガーZが出てくることはありません (^-^;;

101029_5.jpg

この時の荒川と旧中川の潮位の差は2m70cm。
側壁の色が濃い部分が大体水位の変化した部分です。
荒川から旧中川に向かう際には閘門内の水位を2m70cm下げる、旧中川から荒川へ向かう際には
閘門内の水位を2m70cm上げるという体験を船上で出来ました。
とは言っても、実のところ目盛りを見てないと水面が上下しているのは分からないくらいの変化
速度なのですけどね (^-^;;

101029_6.jpg

荒川から東京港へ出ると、次はもう一つのメイン「東京港臨海大橋(仮)」へ。
いつもの水上バスのコースでは東京港臨海大橋(仮)と平行にしか走らないのですけど、今日は
橋の下をくぐってくれます!
こちらは中央防波堤側のトラス。既に海上アプローチ部の最後の箱桁も架設が完了しています。
橋の向こうには「海の森」も見えてますね。

◆ ↓クリックで拡大します
101029_7.jpg

おっ!若洲側のトラス桁の向こうには東京スカイツリーが!

◆ ↓クリックで拡大します
101029_8.jpg

若洲側は中央径間トラス桁先端損傷部の修理の関係も有ってか、海上アプローチ部の最後の箱桁
はまだ架設されていません...

◆ ↓クリックで拡大します
101029_9.jpg

こんな姿が見られるのは今だけですよね。
桁の架設はいつになるのでしょうか...

101029_10.jpg

101029_15.jpg

ふぅ... 荒川ロックゲートも東京港臨海大橋(仮)も見終わって、後は両国に戻るだけ...
と思っていたら、大井ふ頭に南極観測船「しらせ」の姿が!
南極への出港を前に、いろいろな物資をここで積み込んでいるんですね。

そうそう、昨日晴海に入港した「かしま」「やまぎり」「さわゆき」の出港予定が14:00だった
ので、沖から見られるかな...と思っていたのですけど早めに出港してしまったようでした (ToT)

101029_11.jpg

そして、クレーン萌え、コンテナ萌え、巨大船萌えの方にはたまらない風景が (^-^;;

101029_12.jpg

レインボーブリッジを過ぎたところで、伊豆大島へ向かう高速ジェット船セブンアイランド『虹』が
丁度出港したばかりでした。
浮上したところを狙って撮っていたら、こんな風景が...
噴射した水の中に小魚でも混じっているんでしょうか?怖くなるくらい沢山のかもめが後を追って
ました (^-^;;

101029_13.jpg

もうちょっと青空だったら...とか、もう少しぐるっと東京港臨海大橋(仮)を見せてくれれば...
と思ったりもしますが、台風の暴風雨でなかっただけ良しとしなきゃバチが当たりますよね。

心配された寒さも、スキー用のアンダーウエア&貼るカイロという私にしてはおそろしく重装備
で出掛けたので3時間船上に居ても大丈夫でした (^-^)V
やっぱり海はいいなぁ~

■By mura-san | 2010-10-29 17:08 | おとなの社会見学 / 鉄・飛行機・船 | コメント (0) | トラックバック(0)

2010年10月28日 (木曜日)

平成22年度遠洋練習航海より帰港

 5月26日に晴海ふ頭を出港し遠洋練習航海を行ってきた練習艦「かしま」「やまぎり」と護衛艦
「さわゆき」の3隻が、今朝晴海ふ頭に帰ってきました。

帰港の予定は8:00とのことで、7:30頃にはレインボーブリッジの向こうにその姿を見ることが
出来るのでは...と、思っていたのですが...

まずは7:15頃に歓迎放水のため 東京消防庁の大型化学消防艇「みやこどり」「すみだ」の2隻が
晴海ふ頭の沖に登場し、準備も完了!
空を見るとそれなりに明るく、これなら雨が降り出す前に写真を撮れるかも!と期待は膨らんで
いたのですが、7:30を過ぎ、8:00を過ぎても3隻はその姿を現しません...

「みやこどり」「すみだ」も待ち時間が長く周辺をうろうろ、報道のため撮影に来ていた自衛官
の方も「遅いなぁ~」とやきもき (^-^;;

8:20頃、第三台場の木々の上にマストがようやく見えた時、ぽつぽつと雨が降り始めあっと言う
間に本降りになってしまいました (ToT)
展望デッキの3Fで待ってた人たちも、ほとんどが屋根の有る2Fに避難...

鑑がレインボーブリッジをくぐると、一斉に歓迎放水が始まりました~!
でも...あいにくの雨天の中ではせっかくの放水も映えないのが残念ですね...
以下、今回もモノトーンのような暗い写真ばかりになってしまいました...

101028_1.jpg

先頭はTV-3508 練習艦「かしま」。

101028_2.jpg

続いてはTV-3515 練習艦「やまぎり」。

101028_3.jpg

しんがりを努めるのはDD-125 護衛艦「さわゆき」。

101028_4.jpg

今日も全艦回頭し、右舷側からの着岸。報道や式典用なのでしょうか?

101028_5.jpg

最後に帰港した護衛艦「さわゆき」は 練習艦「かしま」に横付けでの着岸となりました。

101028_6.jpg
[ ここまで OLYMPUS CAMEDIA SP-590UZ ]

最後に客船ターミナルの6Fエレベーターホールから、窓ガラスの網目を縫うようにS90で一枚 (^-^;;
3隻は↓こんな感じで接岸されています。

◆ ↓クリックで拡大します
101028_7.jpg
[ Canon PowerShot S90 ]

客船ターミナルでは帰国の式典が執り行われており、自衛隊の方々はもとより関係者、家族の方
なども沢山いらっしゃいました。
式典は続いていましたが、私は音楽隊の勇ましいマーチを聴きながら晴海ふ頭を後にしました。

101028_8.jpg
[ SIGMA DP1S + DMW-LW46 ]

今回の遠洋練習航海、中国への寄港が取り止めになったりと現在の日本を取り巻く状況の厳しさ
を感じさせられることも有ったようですね...
船は好きですが、これらの艦艇が出来れば戦場に向かうことが無いよう願いたいものです。

今朝はいつもの艦艇を撮る方々に加えて、雰囲気の違う女性たちも沢山来ていました。
自衛官萌え~な方々なのでしょうか? (^-^;;
先日TVで海上保安庁関係の追っかけの女性を「巡子」と呼ぶって言ってましたけど、自衛隊の
場合は何て呼ぶんでしょうね~(笑)

関連日記: 2010年5月21日 海上自衛隊練習艦「かしま」

■By mura-san | 2010-10-28 17:46 | 鉄・飛行機・船 | コメント (0) | トラックバック(0)

2010年10月27日 (水曜日)

麺屋ZERO1 川口東口店 武士系豚骨つけ麺

101027_2.jpg

 通り掛かったら席が空いていたので、ようやく麺屋ZERO1 吉祥寺店」 武士系豚骨つけ麺へ。

武士系豚骨つけ麺の大盛りを注文したのですけど、ディスプレイされている写真と実際の盛りが
あまりにも違い過ぎてちょっとがっかり...
もちろん、主要な具はつけ汁の中に沈んでいるのですけど、写真が豪華なだけに (^-^;;

つけ汁の味は私の大好きな魚介系のダシも効いていて、さらに魚介のダシ粉で味・香りがUP↑
ただ、ここの浅草開化楼製の麺は私の好みよりちょっと硬すぎるように感じました。
他のつけ麺屋さんより出てくるのがずいぶん早いので、ゆで時間が短いのでしょうかね。

フツーに美味しいんですけど、私の中では渓、大勝軒まるいち、102と好みの店が近所に3軒も
有るからなぁ...
次はガッツリ系を食べてみようかな。

■By mura-san | 2010-10-27 18:23 | 街歩き | コメント (0) | トラックバック(0)

ふとんが吹っ飛んだ...

101027_1.jpg

 昨夜は関東でもかなりの風だったらしいのですけど、私はあまり実感も無く...

でも、今朝目覚めるとマンションの下の植木にどこかから飛ばされて来た毛布が(笑)

今日は久しぶりに青空も見えて気持ちの良い天気だったのですけど、こういう日に限って
ハローワーク→転職支援会社で一日潰れてしまいました。
いや、そっちが大切なのはもちろんなんですけどね (^-^;;
相変わらず業界での求人はほとんど無く、そろそろいろんなことを諦めなければならない
時期が来ているようです...

■By mura-san | 2010-10-27 18:16 | 日々の出来事 | コメント (0) | トラックバック(0)

2010年10月26日 (火曜日)

浜松町駅の小便小僧(11月編)

101026_2.jpg

 ボランティアの方3名程が服を縫い合わせて、約50分程で今回の着替えは完了!
縫い合わせて...と言うのは、小便小僧は手を離したり、足を上げたりが出来ないので、その場で腕や足を
生地で包んでから縫い合わせてあげないといけないんです。

11月の衣装は『秋の火災予防運動PRのための東京消防庁予防服』。

細部に拘った、かなりリアルなつくりです!!
そのためいつもより縫い合わせるのに時間が掛かったのだとか。

この時、芝消防署の方が立ち会っていて、そっくり具合に笑ってしまいそうになりました。
小便小僧の隣に立って頂いて、並んだ写真を撮りたいくらいでしたよ(笑)

札幌や旭川では雪が降ったそうですね。
関東でも明日から急に寒くなるそうなので、火の元には十分に注意しましょうね!
私は一昨日、あまりの寒さにファンヒーターを使ってしまいました...

■By mura-san | 2010-10-26 16:03 | 鉄・飛行機・船 | コメント (2) | トラックバック(0)

浜松町駅の小便小僧(生まれたままの姿で)

101026_1.jpg

 いつも季節に応じた服を着せてもらっている浜松町駅の小便小僧さん。

ここでは服を着ているのが当たり前の姿なので、逆に裸ってのは新鮮だったりして (^-^;;
お腹のぽっこり具合が可愛い~

月に一度の着替えの時、ホンの1分間程だけ生まれたままの姿に戻っていました。
ただ、着替えている途中なので小便は我慢してもらっているようです(笑)

■By mura-san | 2010-10-26 15:55 | 鉄・飛行機・船 | コメント (2) | トラックバック(0)

2010年10月25日 (月曜日)

ペプシ モンブラン

101025_1.jpg

 いつものペプシのキワモノシリーズが新しく発売されたということで早速買ってみました。

う~ん... どうしたんだ!ペプシ!

フツーに美味しいじゃないか(笑) あま~い、栗風味。
なんとなく、あずき味から最後のえぐみを取り除いてちょっと甘みを増したという感じもしますが。

既に胡瓜とか、紫蘇とかのキワモノとは言えない、普通の飲料になってしまいました。
どうせなら、「銀杏」とか出せばいいのに。ええ、あの香りで (^-^;;
当然売れないとは思いますが...

△▼△ 歴代キワモノペプシ体験シリーズ △▼△

・2007年06月14日 キュウリ味のペプシ(笑)
・2008年06月11日 去年は胡瓜、今年はBlueHawaii
・2009年06月23日 PEPSI SHISO
・2009年10月20日 ペプシ あずき
・2010年05月25日 PEPSI BAOBAB

■By mura-san | 2010-10-25 18:21 | 日々の出来事 | コメント (4) | トラックバック(0)

2010年10月24日 (日曜日)

自衛隊記念日 観閲飛行

 先日は自衛隊記念日の行事の一つ入間基地でのYS-11体験搭乗に参加してきましたが、今日は観閲式が
陸上自衛隊朝霞駐屯地で開催されていました。

観閲式はチケットが無いと入れないのですけど、会場上空を通過する観閲飛行は開けた場所であれば観る
ことが出来るので、河原の土手に行ってちょっと眺めることに。
同じコトを考えてる人も居るようで、土手にはエアバンドのレシーバーを持った人や、望遠レンズを抱え
た人が数名飛んで来るのを待ち構えていました (^-^;;

11:25頃、遠くからヘリのプロペラ音が聞こえて来て、Λ型に編隊を組んで次々と飛来してきます。
ヘリの写真も沢山撮ったのですけど、生憎の曇り空...
せっかくの編隊も、ごま塩みたいに真っ黒で絵にならないので、とりあえず1枚だけ載せておきます。

101024_1.jpg

ヘリ部隊が終わると、最初にやってきた飛行機は「連絡偵察機 LR-2」。
ですが、これまたあまりに小さすぎて悲しいので写真は無し (^-^;;

尚、飛行機は全て3機でΛ型の編隊を組んで飛んでいました。
2機しか写っていないものは、残りの1機がフレームアウトしてしまったものです...

▼ 飛行艇 US-1A/2
101024_2.jpg
 
▼ 対潜哨戒機 P-3C
101024_3.jpg
 
▼ 訓練支援機 U-36
101024_4.jpg
  
▼ 大型輸送機 C-130H
101024_5.jpg
 
▼ 支援戦闘機 F-2
101024_6.jpg
 
▼ 要撃戦闘機 F-15
101024_7.jpg
 
▼ 要撃戦闘機 F-4EJ
101024_8.jpg

F-4 ファントムが飛び去った後、もうこれで終わりかな~と思ったところでしばらく間を置いてヘリが
3機飛来。 帰ってから調べてみると、これは米軍機?
 
▼ 米軍 UH-60 ブラックホーク かな?
101024_11.jpg

さらに、続いて戦闘機が3機飛んできました。
観閲飛行を終えたF-2がUターンして戻ってきたのかと思っていたのですが、これまた米軍機だそうです!

自衛隊機の飛行経路とは少し違っており、頭上に近かったのでこんな構図になってしまいました。
 
▼ 米軍 F16
101024_9.jpg
 
101024_10.jpg
[ OLYMPUS CAMEDIA SP-590UZ ]

どうせなら青空バックに飛行機を撮りたかったのですけどね...
くすんだ曇り空では、だましだまし補正+大トリミングしてなんとかこの程度。かなり残念です...
一応、見たという記録だけ (^-^;;

それにしても、さすがにこれだけの自衛隊機・米軍機が飛んでくると、ちょっと怖さを感じました。
ヘリのバタバタ音はよく聞きますけど、戦闘機の爆音はホント凄かった...
基地の近くに住んでいたら、五月蠅くてかなわないでしょうね...

■By mura-san | 2010-10-24 16:11 | 鉄・飛行機・船 | コメント (0) | トラックバック(0)

地震!?

おっ!結構ガツンと強い揺れが来た!

■By mura-san | 2010-10-24 13:51 | 日々の出来事 | コメント (0) | トラックバック(0)

2010年10月23日 (土曜日)

旭山動物園ミュージカル『NEVER...未来へ繋げるものは』

101023_1.jpg

 今日は旭川の劇団「BREATH」の15周年記念となるミュージカル『NEVER...未来へ繋げるものは』の
東京公演を観に行ってきました。

エキノコックスにより閉園の危機を迎えた旭山動物園に押し寄せる、リゾート開発・民営化の波。
エキノコックスにより閉園の危機を迎えたのは事実だけど、リゾート開発・民営化ってのはミュージカル
向けの脚色なのでしょうか?

ミュージカルなるものを観るのは初めてでしたし、あまりにも理念や理想をストレートに表現し過ぎてる
ように感じられたことも有って、最初はちょっとどうなんだろう...って戸惑いも...

リゾート開発会社のくだりは要らないような気もしたけど、きっと環境破壊という面での人間の愚かさを
現すために描かれていたのでしょう。それにしてはあっさりと解決し過ぎのような (^-^;;
時代的には秘密の文書を格納するのはCD-Rのようなディスクでは無く、フロッピーではなかったかと(笑)
↑ まぁ、あくまでミュージカル素人の浅い感想ですが...

音響がややこもって聞こえることも有ってか、大勢での唄はちょっと歌詞が聞きづらかったけど、後半の
メインだけでの唄は心地よく、気持ちも入り込んで聞くことが出来ました。
結局、私はハーモニーが好きなんだなということを改めて確認 (^-^;;

劇中に出てくるCGも綺麗で良かったですしね。
艶っぽい天使たちも(笑)

今回は旭山動物園くらぶで無料招待券を頂いたので行ってみましたが、思ったよりも面白かったです。
もちろん、いろいろ考えさせられる重いテーマでも有った訳ですが...
そして、何よりホンモノの旭山動物園にまた行きたくなりました... もう2年くらい行ってない?
まる1日、ぐるぐるいろんな動物のところを回っていたいな (^-^;;

■By mura-san | 2010-10-23 22:59 | 旅の語らい | コメント (0) | トラックバック(0)

2010年10月22日 (金曜日)

都電荒川線 8800形に新色バイオレット登場!

 今日は都電荒川線の8800形に新しいカラーの車両が登場ということで、荒川車庫まで見に行って
きました。

新しく追加されたカラーは「バイオレット」! 

荒川車庫に着いた時には新色の8806号車と、9001号の試運転車両が列んで展示されていました。
8806号車には『8800形 New Color デビュー』と書かれたヘッドマークが付けられています。

101022_1.jpg

9001号の試運転車両が出庫すると、現行のローズレッドの車両に挟まれるように (^-^;;
デザインは同じでも、カラーが違うだけで受ける印象は違って見えますね~

101022_2.jpg

↑ ここまでは見学会の開始前に門の外から撮ったもの。
10:30になり見学会が始まると、門の内側3m程のところに張られたロープのところまで入ることが
出来るようになりました。
右側の8803号車が営業に出て行くと、奥からもうひとつのバイオレットカラー車8807号車が。

101022_8.jpg

今回導入されたバイオレットカラーの2両が誇らしげに列びました。
この2両、30分程の撮影会が終われば早速営業運転に入り、一両は早稲田へ、もう一両は三ノ輪橋
へと向かうことになっています。

101022_3.jpg

ダイヤ乱れ時の対応用に準備されていたローズレッドの8802号車も前に出して下さり、8800形が
3両並ぶことに。

101022_7.jpg

先に三ノ輪橋行きが、続いて早稲田行きが出発して今日のお披露目・撮影会は終了となりました。

101022_4.jpg

今回登場した「バイオレット」カラー、結構デジカメ泣かせの色合いかもしれません。
天気やデジカメによって色合いがずいぶんと違って写るでしょうね...

曇り空で暗かったこともあって、S90ではブルーにしか見えない写真になってしまいました。
そのため、RAW現像時にブルー系の色温度を調整して、見た目に近いようにしたつもりです。

101022_5.jpg

12月末にはさらにイエロー、オレンジの新色も追加になるのだそうですよ!
どうせなら、もう一色追加して戦隊物のヒーローみたいにすればいいのに (^-^;;
追加するのならやっぱり「グリーン」...って、それは都のカラーですね(笑)

4カラーになった時... 4両並べての展示って出来るのでしょうか?
1両分を入庫用の線路に置けば可能なのでしょうけど...

101022_6.jpg

■By mura-san | 2010-10-22 15:21 | 鉄・飛行機・船 | コメント (0) | トラックバック(0)

2010年10月21日 (木曜日)

羽田空港 新国際線ターミナルビル オープン

101021_1.jpg

 今日は羽田空港の新しい国際線ターミナルビルがオープンと言うことで見に行こうかと思っていた
のですけど、生憎の雨...

ターミナルビルだけを見るために行くのはもったいないので来週、天気の良い日にでも行ってみよう
と思います。

それにしても、ワイドショーやニュースを見るとものすごい人のようですね~
今日は行かなくて正解だったかも (^-^;;

■By mura-san | 2010-10-21 19:40 | 日々の出来事 | コメント (0) | トラックバック(0)

2010年10月20日 (水曜日)

南極観測船「AGB-5003 しらせ」晴海へ

 一度は見てみたいと思っていた南極観測船「AGB-5003 しらせ」が体験航海のため晴海ふ頭へやって
来るということで、見に行ってきました。
先日横須賀で軍港めぐりの遊覧船に乗った時は全国行脚中で留守だったんですよね...

13:10頃、お台場の向こうに大きなオレンジ色のファンネルが頭をひょっこりと現しました。
時折り雨の舞う曇り空でしたけど、しらせの鮮やかなオレンジは遠くレインボーブリッジの向こうに居て
もすぐに分かるくらい!それに、なにより大きい!

船首に整然と列んでいる制服姿の方々は隊員の方々でしょうか。
そして、甲板のあちこちに体験航海に参加された方々の姿を見ることが出来ます。

◆ ↓クリックで拡大します
101020_1.jpg

通常であればこのまま左舷より接岸するのですけど、今日はタグボート2隻を使ってここから旋回開始!
よく見ると、タラップが右舷側にセットされているからのようです (^-^;;

101020_2.jpg

と言う訳で、HJバースへの接岸ではお尻しか見ることが出来ないことが多いのですけど、今日は右舷側
からの接岸だったので客船ターミナルからもその顔をしばし眺めることが出来ました。
14:10頃、無事に接岸完了です。

101020_3.jpg

「しらせ」は体験航海の参加者を降ろした後、16時頃にはもう出港する予定となっていました。
出港の様子は違う場所で撮りたいな...と思って、ひとまず水上バス(300円)でお台場海浜公園へ。
今日は天気が悪いからか水上バスの屋上へ上がることが出来ず焦ったのですが、最後尾からなんとか
しらせの真正面の顔を撮ることに成功!

101020_4.jpg

お台場海浜公園に着いたら丁度良い時間に豊洲へ向かう水上バスが有り、また海面近くの低い位置から
「しらせ」を撮ろうかと少し迷ったのですけど...
結局、レインボーブリッジの上から俯瞰で撮ることにしました。

桟橋からてくてくとレインボーブリッジの遊歩道、お台場側の橋脚のところまで歩いてゆくと、あれ?
既にタグボートの準備は完了してるじゃないですか!
ほどなくして、15:40過ぎにはタグボートに牽かれて離岸が始まりました。

おっ!晴海の客船ターミナルの上には建設途中の東京スカイツリーも見えてますよ!

101020_5.jpg

そして、東京タワーと一緒に。

離岸すればタグボートは離れると思っていたのですが、2隻共ロープを繋いだまま航行...
あぁ...こんなことなら芝浦側から撮れば良かったと思っても時既に遅く (^-^;;

◆ ↓クリックで拡大します
101020_6.jpg

あっと言う間にレインボーブリッジをくぐって行ってしまいました。

◆ ↓クリックで拡大します
101020_7.jpg
[ Canon PowerShot S90 / OLYMPUS CAMEDIA SP-590UZ ]

今日は思う存分「しらせ」を観て、写真に撮ることが出来たのですけど、出来れば体験航海も参加した
かったなぁ~ でも、どこで募集が有ったんでしょう?ローカルなイベントだったのかな?

もうすぐ南極へ向かうそうですので、その願いは叶いそうも無いのですが (^-^;;

関連記事:引退した初代しらせ ( 旧 AGB-5002 ) の見学記「SHIRASE 一般乗船」

■By mura-san | 2010-10-20 20:06 | 鉄・飛行機・船 | コメント (0) | トラックバック(0)

2010年10月19日 (火曜日)

浦賀ドック 見学会

 偶然、浦賀ドックで24日まで見学会が開催されていることを知り、出掛けてきました。

前の仕事で横須賀リサーチパークへは打ち合わせで何度も通いましたが、浦賀の駅に降りるのは初めて!

浦賀ドックは2003年3月まで住友重機械工業浦賀造船所として船舶の修理などを行ってきたドックで、
見ての通りレンガを積み上げて作られた美しいドックなんです。
機能美とはまさにこういうことなんでしょうね。
今にも雨が降りそうな曇り空でしたけど、そのおかげでドック内に強い影が出来ることなく全体を見渡
すことが出来ました。

手前側は船首の形状に合わせてゆるやかに弧を描いており、より柔らかく美しく感じさせてくれます。
一方で、クレーンの錆び具合が (^-^;;

◆ ↓クリックで拡大します
101019_1.jpg

船尾側から見ると、後になって延長された部分がコンクリート構造となっており、前部のレンガ積みとは
違っていることが分かります。

コンクリート部の上に乗せられた三角形のトラス構造物は、その奥に見える塔のような構造物の上に元々
は設置されていたクレーンの腕の部分なのだそうですよ。

◆ ↓クリックで拡大します
101019_2.jpg

この浦賀ドックは完全に水を抜いて船底の修理が出来る『ドライドック』だったそうで、一番奥には
海水を堰き止めるための鉄製のゲートが設けられています。

ゲートの左側は浦賀港の海面、右側が海水を抜いたドックの底で高さの違いが判りますよね。
ゲートの下の方に有る丸い穴が海水の流入/排出口で、ポンプに繋がっているのだとか。

101019_3.jpg

実際に海水の流入/排出を行っていたポンプも見せて頂くことが出来ました。
このポンプが動かされて、ドック内に海水が満たされることはきっともう無いのでしょうね...

101019_4.jpg
[ SIGMA DP1S + DMW-LW46 ]

この他にも以前は使われていたという工場の中まで見せて頂くことが出来ました。

この浦賀ドック、産業文化遺産のように残すだけでなく、実際に工場での作業などを体験出来るような
ミュージアムとして再活用するための準備が進められているのだそうです。

レンガ積みのドックのライトアップとか、キャンドルイベントとか開催されたらきっと綺麗でしょうね~

この他にも、隣接する建物の2Fでパネル展が開かれており、浦賀を訪れた異国船、黒船などの資料が
展示されていました。
ホンモノの巻物が展示されていたり、大きな異国の船に立ち向かう(と言うか群がるような)ニッポン
の小さな船の様が描かれていたりと、見ていて面白かったですよ。

産業文化遺産マニアな方も、鉄骨マニアな方も、錆マニアな方も、歴史マニアな方もきっと楽しめると
思います。ちょっと見に行くにしては遠いのが難点ですが...

最終日、24日のイベントなどは↓こちらに載ってるようですよ。
『第25回レンガドック活用イベントとして「龍馬・海舟と浦賀」~浦賀に来航した黒船のすべて~』

■By mura-san | 2010-10-19 19:56 | おとなの社会見学 | コメント (0) | トラックバック(0)

2010年10月18日 (月曜日)

そろそろ片付けないと...

101018_1.jpg

 ベランダがえらいことになっている (^-^;;

夏の暑さが終わった頃から元気になり、朝顔にゴーヤー、パッションフルーツの蔓がどんどん伸びて
ベランダがジャングル状態に...

朝顔とゴーヤーはそろそろ片付けたいので水遣りを止めて段々と枯らし始めないと...
種から芽が出て、あっという間に大きくなった2株のランタナは引き取ってくれる人が居ないので
刈ってしまうしかないかな...
来週でも雨で埃が舞わない日にベランダを片付けることにしよう。

パッションフルーツは今年も花が咲かなかったけど、また冬越しさせて来年もチャレンジの予定 (^-^)V
この夏は緑は多かったけど、実りは少なかったなぁ~

■By mura-san | 2010-10-18 20:47 | ガーデニング2010 | コメント (0) | トラックバック(0)

2010年10月17日 (日曜日)

第15回 調布飛行場まつり

 今日は『第15回 調布飛行場まつり』でした。
調布飛行場は伊豆諸島へ行ったことの無い私には無縁な飛行場だったので、丁度良い機会なので一度
見ておきたいと思って出掛けてきました。
と言う訳で、初の調布飛行場デス (^-^)V

101017_1.jpg

小さな小さな調布飛行場。
展示されている飛行機も小型のプロペラ機や可愛いヘリばかり。
そんな中、以前に那覇から粟国島へ行く時に乗ったのと同じ機種『BN2 アイランダー』が!
9人乗りの乗り合いバスのような↓このアイランダー、現在主力の『ドルニエ Do228』が点検などの
際でないと乗れないようです...

101017_2.jpg

おっ!伊豆諸島へ向かう『ドルニエ Do228』が離陸のため滑走路端へ向かいました。
その向こうには味の素スタジアムが見えますね。

101017_3.jpg

バタバタとプロペラ音を響かせながら目の前を滑走し、軽々と離陸してゆきました。
手前にある『ドルニエ Do228』は体験搭乗で用いるための機体のようでした。
この体験搭乗、抽選なのですが...

101017_4.jpg

今回の調布飛行場まつりで一番面白かったのが、この↓『RC ハンドランチグライダー』。
大きさが1mちょっとのラジコンで操縦出来る模型のグライダー。
グライダーなのでエンジン無いし、何かで牽引して高いところまで上げるの?って思ったのですが...

101017_5.jpg

なんと!手で投げるんですよ!
ハンマー投げ室伏選手のように、↓この状態からさらに身体を半回転させてグライダーを投げると、
機体はあっと言う間に上空高く舞い上がって、ふわりふわりと滑空してきます。

101017_6.jpg

↓青い○の中に、飛ばしたグライダーが! かなりの高さでしょ!?
たまたま通り掛かって見ることが出来たのですけど、10分間のデモではあまりに短い!
もっと見たかったなぁ~ 
しかし、次のデモは4時間後と言うことでもう一回見るのは諦めました...

101017_9.jpg

調布飛行場の可愛い管制塔。
この管制塔、抽選で見学可能とのことで当たるといいなぁ~と楽しみにしていたのですが、当選確率は
9/10,000 ...
見たい人の中での抽選かと思っていたのですが、先着で配られた全10,000名の抽選券の中からと言う
ことで、当然当たりっこありません (ToT)

101017_7.jpg

おまけに滑走路の周りをバスで見学出来るという『無料見学バスツアー』は、運行時間内であれば
随時運行と書かれていたのですが、列が無く空いてる時間に行ったら「整理券が無いと乗れません」
と言われてしまいました。しかも「整理券の配布は既に完了しています」と。
整理券のことなどどこにも書かれていし、説明も無かったのですけどね...
でも、整理券をGetしながら来ない人が居るのか、バスには空席が目立ってたような...

伊豆諸島への航空券などが当たる大抽選会も10,000名の中から抽選するので、その場に当選者が
居なければ抽選を何度もやり直すことになってしまい、ダラダラと長引くことに...
当然、その間は他に何も出来ませんし、トイレに行くことも出来ません。
抽選会の最後までじっとステージ前に居ましたが、言うまでもなく何も当たりませんでした (ToT)

それでも何故か飲食に関してはかなり充実しており、行列は出来ているもののあまり待つことなく
買うことが出来ました。

私は軽く、ぐるぐるに巻いたウインナーソーセージを頂きました。←やっぱり肉系(笑)
炭火で焼いた香ばしいウインナーソーセージ美味しかった~ でも、ビールは飲んでませんよ (^-^;;

101017_8.jpg

結局、飛行場の設備の見学と行ったようなことが全く出来ず、モヤモヤ感を残したまま会場を後に...

まぁ、家族や友達と行って、美味しいモノを食べて、の~んびりと一日過ごすにはいいお祭りだと思
います。

■By mura-san | 2010-10-17 18:02 | | コメント (0) | トラックバック(0)

2010年10月16日 (土曜日)

Kitaca 2つ折りパスケース

101016_1.jpg

 昨日、羽田空港へ行ったついでに第1ターミナルの中に有る『北海道四季彩館』でパスケースを購入。
これはJR北海道のICカード『Kitaca』のグッズとして販売されているものなんです。

このKitacaのキャラクターのエゾモモンガが可愛くって、北海道へ行ったら絶対買おう!と思っていた
のですけど、まぁいろいろ有ってここのところ北海道へ行くことが出来ず (ToT)

丁度パスケースがボロボロになっていたこともあって気分一新!せめて北海道へ行った気分でKitacaの
2つ折りパスケースを購入した訳です。

今年も北海道の紅葉は無理そうなので、どこか本州の紅葉は見に行きたいな...

■By mura-san | 2010-10-16 20:20 | 日々の出来事 | コメント (0) | トラックバック(0)

2010年10月15日 (金曜日)

まだまだ恐るべし!嵐JET

◆ ↓クリックで拡大します
101015_6.jpg

 今日の羽田第1ターミナルの展望デッキは空港適合性確認のために飛来したA380を撮りに来た人が
ほとんどでした。

しかし...

嵐JETが居る時間帯に限っては、それを上回る嵐ファンの女性たちがどこからか(笑)
就航開始当初に比べれば少しは落ち着いたとは言え、展望デッキのフェンスの隙間から携帯を出して
一生懸命写真を撮ってる女性が常に20~30名程は居るんじゃないでしょうか。

今日なんかは嵐JETの離陸をより近くで見たいと飛行機ファンから情報を得て、第1ターミナルから
第2ターミナルの展望デッキへダッシュしていた女性グループも (^-^;;

いや、ホント嵐の人気ってスゴイですね!

◆ ↓クリックで拡大します(以下2枚は昨夜撮影したもの)
101015_7.jpg

夜の顔のアップ(笑)

101015_8.jpg
[ OLYMPUS CAMEDIA SP-590UZ ]

先日、アルバム『僕の見ている風景』のミリオン達成記念で新たに紋章が貼られたって言うので楽しみ
にしていたのですが、それらしきドアの部分にもまだ紋章は有りませんでした...
調べてみたら、紋章付きの『嵐 Million JET』は今月下旬から就航なのだそうですね。
一旦貼ったものを剥がしちゃったのかな?

・以前に嵐JETを撮った際の日記「9月12日 恐るべし!嵐JET

■By mura-san | 2010-10-15 21:09 | 鉄・飛行機・船 | コメント (0) | トラックバック(0)

Airbus A380 羽田へ

101015_1.jpg

 4発エンジンに全2階建て構造の巨大なジェット機、Airbus A380は成田では数社が乗り入れていますが
まだ国内航空各社での導入予定は無く、羽田では見ることが出来ない機材のひとつです。

来週Openする新国際線ターミナルではこのA380に対応した空港設備が設けられており、その適合性確認
のために実際にAirbus A380が飛来することになったのでした。

昨日うっかりその話を耳にしてしまったために、2日連続で羽田に通う羽目になった訳です (^-^;;

101015_2.jpg

着陸の予定時刻は6:40らしいとのことで、始発に乗って第1ターミナルの展望デッキへ向かいました。

が...

展望デッキのOpenは6:30。
ドアの前には数十名のコアなファンの人が集まっていました。

が...

6時過ぎに既に第2ターミナル側の滑走路に降りたとの悲しい知らせが...

ようやく6:30になって展望デッキのドアが開いた時には、既にA380は新国際線ターミナルの駐機場で
こちらにお尻を向けて止まっていました(1枚目の写真) (ToT)

しばらくして、トーイングカーで実際に使用するスポットに牽引されて移動。(2,3枚目の写真)
この際にようやくちょっとだけ横顔を見ることが出来たのでした。

101015_3.jpg

107番スポットに入るとボーディングブリッジも接続されて、いろいろ確認作業が始まっている模様...
ボーディングブリッジは機体2階のドアに接続されているため、上り勾配となってます。

そんなA380の手前を、やはりトーイングカーで牽引されてゆくB747-446D。
レジ番号はJA8903、旧整備場の格納庫の方へ運ばれていましたが、登録抹消となるのでしょうか?

◆ ↓クリックで拡大します
101015_4.jpg

午後早くに確認作業のためもう一度プッシュバックされるとの噂も有ったのですけど、結局14時を過ぎ
ても動きは見られず...

嵐ジェットの離陸を見て羽田を後にしたのでした。

あまり横顔を見ることは出来ませんでしたけど、独特のしなりを持った翼が西陽に輝いてとっても綺麗
でしたよ~

A380に乗る機会... う~ん、きっと無いだろうなぁ...

101015_5.jpg
[ OLYMPUS CAMEDIA SP-590UZ ]

帰りのモノレールの中で、エアバスの紙袋を提げた航空会社の職員と思われる人たちが居ました。
内覧会とかもしたんでしょうかねぇ?
そりゃまぁエアバス社としては日本の航空会社にもA380を買って欲しいでしょうし...

■By mura-san | 2010-10-15 19:40 | 鉄・飛行機・船 | コメント (0) | トラックバック(0)

2010年10月14日 (木曜日)

羽田空港 国内線第2ターミナル 増床

 昨日、10月13日に羽田空港の第2ターミナルビルの南側 増床部分がオープン!!
それに伴い展望デッキも南側へ新たに延長されていました。

従来の展望デッキへの入口とは反対側 トイレが有った場所が取り壊され、新たな南側の展望デッキ
への入口となっています。

新展望デッキへの通路には床に水色のLEDが埋め込まれ、雰囲気としてはこれから宇宙船に乗り込む
ための通路って感じかな (^-^;; 歩いて進むにつれて、どんどん期待度もUP↑
ちなみに、窓側は柔らかい椅子になっています。

101014_1.jpg

この通路を抜けると...
床一面に青、緑、赤などのLEDが散りばめられており、不規則に点滅を繰り返していてとっても綺麗!
(写真では8秒の露光のため全て点灯していますが、実際には不規則に点滅しています)
レストランも新たにOpenし、風通しの良いテラス席はこれからの時期とっても気持ちよさそうです。
当然ですが、飛行機の離着陸も見られますし、これだけのために来ても楽しそう~

◆ ↓クリックで拡大します
101014_2.jpg

さらに進んでゆくと、壁際にはほんのりとライトアップされた特等席が...

◆ ↓クリックで拡大します
101014_3.jpg

周りを柔らかな生地で囲われた4人掛けの小さなテーブル席と、ゆらゆら揺れるブランコ席 (^-^;;
いや~ あま~い二人が座るのにお似合いな席です。おっさん一人じゃ座れません...

101014_4.jpg

滑走路側の眺めは↓こんな感じ。
今までの展望デッキと違って、十字の網目ではなくワイヤーによるフェンス。
小さなお子さんでも見やすいように、一段高く足場が設けられている場所も有りました。
駐機している飛行機がスッキリ見易くなったような気がします。

◆ ↓クリックで拡大します
101014_5.jpg

展望デッキの端っこからは、現国際線ターミナルを望むことが出来ます。
この国際線ターミナルもあと1週間...
その後はどういう眺めに変わってゆくのでしょうか。

◆ ↓クリックで拡大します
101014_6.jpg
[ SIGMA DP1S + DMW-LW46 ]

いやはや、今回の展望デッキ部の増床、思ったよりもすごくて驚きました!
第1ターミナルの展望デッキとの差が一段と開いてしまったのは気になりますが...

■By mura-san | 2010-10-14 22:51 | おとなの社会見学 / 夜景・イルミネーション / 鉄・飛行機・船 | コメント (0) | トラックバック(0)

2010年10月13日 (水曜日)

東京スカイツリー試験点灯

 今日は東京スカイツリーが2012年春の開業までの間で、最初で最後となる試験点灯を実施するとの
ことで見に行ってきました。

天気大丈夫かな~と心配していたのですけど、夕方にざーっと雨...
でも、業平橋駅に降り立った時には既に止んでいたのでそのまま源森橋へ向かいました。

6時半の点灯開始と共にスカイツリーの南西の角が紫色にライトアップ!
4つくらい、眩く輝く光も塔の中に見ることが出来ました。
どうやら江戸紫をテーマカラーとした「雅」の試験点灯のようです。

◆ ↓クリックで拡大します
101013_1.jpg

そして、地上から上へ向かって、そして第一展望台から下へ向かって金色でのライトアップと共に、
心柱の一部分がブルーに輝いていました。
こちらは隅田川の水の色をモチーフとした「粋」の試験点灯のようです。

◆ ↓クリックで拡大します
101013_2.jpg

え~っとですね... ニュース記事などだと「点灯と共に大歓声」とか書かれてますけど、源森橋に
居た私の周りの人々の反応は、「えっ...たったこれだけ?」って落胆の方が大きかったです (^-^;;

試験点灯ですし、全2000台の照明装置のうち50台しか使わないことは分かっていましたが...
あまりにもライトアップされた部分が少なく、しょぼい...

しかも試験点灯開始と共に、第一展望台より上の工事照明が全部消されてしまったのがさらに残念
でした。 正直、期待が大きかっただけに...

途中、低く垂れ込めた雲がスカイツリーの上部を隠し始め、その高さを感じさせてくれましたが...

101013_3.jpg

それにしても、今夜の業平駅界隈はとんでもない人出で賑わっていましたよ。
この天気の中での試験点灯でさえこの盛り上がりですから、開業時にはもっとすごいことになるので
しょうね。

それでもまぁ、完全版となった粋・雅のライトアップがどんなものになるのか、今から楽しみです♪
でも、本当にもう開業まで全体でのライトアップ試験などは行わないんでしょうかねぇ?

■By mura-san | 2010-10-13 22:42 | 夜景・イルミネーション / 街歩き | コメント (2) | トラックバック(0)

2010年10月12日 (火曜日)

YS-11からの眺め

 昨日の自衛隊記念日記念行事 YS-11体験搭乗の際、Canon PowerShot S90 のズーム機能を
用いてプロペラが入らないように地上を何枚か撮影していました。
昨日はDP1Sにワイコンを付けて20mm相当で撮った、プロペラまで入った写真だけを載せていた
のですけど、せっかくなのでこちらの写真も載せておきます。

まずは世田谷上空から東京湾に向かっての一枚から。
手前、キャロットタワーにつながるビルの列は玉川通りでしょうか。
中央やや上には建設途中の東京港臨海大橋(仮称)と、広大な埋め立て地、そしてクレーン群が。
よ~く見ると、上昇中のJALの飛行機も写っています。

◆ ↓クリックで拡大します
101011_16.jpg

こちらは砧公園上空から羽田空港方面を撮った一枚。
使用開始を待つD滑走路や、東京湾アクアラインの風の塔なども見えました。

◆ ↓クリックで拡大します
101011_17.jpg

最後は二子玉川上空から多摩川沿いに。広大な河川敷の緑が綺麗です。
遠く千葉の製鉄所でしょうか?工場群の煙まで見えますよね。

◆ ↓クリックで拡大します
101011_18.jpg

おまけ:東京スカイツリーも良く見えていたのですけど、なかなか綺麗に撮れる角度になってくれず...
唯一撮れたこの一枚も、見てのとおり回転しているプロペラ越し(笑)
回転しているプロペラ端が弧を描いて写ってますね。
なので画質はもや~っとイマイチなんですが...

◆ ↓クリックで拡大します
101011_19.jpg
[ Canon PowerShot S90 ]

Google Mapを見ながら場所を特定したのですけど、間違っているようでしたら指摘して下さいね。

■By mura-san | 2010-10-12 13:47 | おとなの社会見学 / 鉄・飛行機・船 | コメント (0) | トラックバック(0)

2010年10月11日 (月曜日)

自衛隊記念日記念行事 YS-11体験搭乗

101011_1.jpg

 ○○体験とか、○○見学とかの募集が有れば、まぁ当たらないだろうなぁ...と思いながらも一応は応募する
ようにしているのですが...

今回は自衛隊記念日記念行事の一環として、入間基地で開催されたYS-11輸送機の体験搭乗に応募したら
なんと当選!奇跡的に300人の体験搭乗の枠の中に入ることが出来ました (^-^)V

受付を済ませると、番号が張られたドッグタグを渡されました。
もしもの時のための... (^-^;;
いや...そんなことは考えたくもありませんが...

101011_2.jpg

搭乗前の簡単な説明によると、↓こんな感じでぐるーっと約20分のフライトとなるのだとか。

101011_3.jpg

そしていよいよYS-11輸送機に搭乗です!
よ~く考えたら、YS-11に乗るのは初めてのこと (^-^)V
既に民間機では乗ることが出来ませんし、自衛隊でもそろそろ退役とのことですから、おそらくは
私にとって最初で最後のYS-11搭乗となるんじゃないでしょうか...

ちなみに、このYS-11は鳥取県の美保基地からやって来ているのだそうですよ。
てくてくとエプロンを歩いて、小さな階段をトントンと昇ってYS-11に乗り込みます!

101011_4.jpg

自衛隊の輸送機ってことでもっと殺伐とした内装を想像していたのですけど、思ってたよりも普通
でちょっと拍子抜けです。
荷物入れが無くって網棚になっているのが旅客機とは違いますが。

しかも今回の体験搭乗、座席は自由席(笑)

左側の方が眺めが良さそうかな?と思って、なんとか左前方の窓際席を確保!
なんと!私の前の席には窓が有りませんでした (^-^;;

101011_5.jpg

隊員の方のシートベルトチェックが有ったくらいで、あっという間に離陸開始!
エンジン音、プロペラ音はどちらかと言うと好きな方なので全然問題無し(笑)
振動もまぁ外に夢中になっていたし、20分程ですから気にもなりませんでした。

101011_6.jpg
 
101011_20.jpg

窓際に座れた~♪ と喜んでいたのですけど、実はプロペラの真横 (^-^;;
ちょっと視界は狭いですけど、この構図も結構好きなので全然問題無しです!

武蔵野の家々の上を、プルプルと上昇してゆきます。

◆ ↓クリックで拡大します
101011_7.jpg

水平飛行に入ってシートベルトを外せるようになると、「コックピットの見学を開始します」との
アナウンスが。
って、搭乗した時からコックピットのドアは開けっ放しで丸見えなんですけどね。

もはや一般の旅客機では決して見ることが出来なくなった運航中のコックピット。
丸いメーターが沢山列んでいるのが時代を感じさせます...

「みんなが見なきゃいけないので一人当たり20秒程で」ってことで、さっと見て、パッと撮って
コックピットを後にしました。

◆ ↓クリックで拡大します
101011_8.jpg

席に戻ったところで窓の外には都心の風景が広がっていました。
↓よ~く見ると、プロペラの羽の上に東京スカイツリーがマッチ棒のように写っているんですよ!

◆ ↓クリックで拡大します
101011_9.jpg

窓の外にはスッキリ青空が広がって気持ちいい~♪ (でも...実は機内は結構暑い...)

101011_15.jpg

コースの半分を過ぎ、帰路についたところで眼下には多摩川の河川敷が広がっていました。

◆ ↓クリックで拡大します
101011_10.jpg

そして「間もなく着陸します」とのアナウンスと共に多摩湖の水面が。
プロペラの軸のちょっと下に、西武ドームの白い屋根がちょっとだけ見えてます。

◆ ↓クリックで拡大します
101011_11.jpg

いや~ 面白かった~ でも20分はちょっと短いなぁ...
私は夢中になっていたためか全然平気でしたけど、機内が結構暑かったことや、揺れ、振動で気分
が悪くなった人もいらっしゃったようです。

航空祭と違って混んでないし、なかなか良い体験が出来ました。
ただ、もう少し連絡バスの中や機内で、ガイド的なものが有っても良いのではとは思いましたが...

願わくば、災害等で自衛隊機に乗るような機会は無い方が良いのですけどね...
そして自衛とは言え戦闘状況下で使われることも無いように祈りたいところです。

◆◇◆ おまけ編 ◆◇◆

今回、YS-11と共に体験搭乗を行っていたのがCH-47J輸送ヘリコプター。

101011_12.jpg

後ろのハッチをちょっと開けたままで飛んでいたのでしょうか...
なんかおとぼけ顔のカエルのような...

101011_13.jpg

と思ったら、ガバっと大口を開けて人を呑み込んじゃってますよ(笑)

101011_14.jpg
[ SIGMA DP1S + DMW-LW46 / Canon PowerShot S90 / OLYMPUS CAMEDIA SP-590UZ ]

※ これ以外の空撮写真を10月12日の日記『YS-11からの眺め』に掲載致しました。

■By mura-san | 2010-10-11 18:52 | おとなの社会見学 / 鉄・飛行機・船 | コメント (4) | トラックバック(0)

2010年10月10日 (日曜日)

國権 純米生貯蔵酒 てふ

101010_1.jpg

 世間では三連休中ですけど、毎日が日曜日の私には特に関係も無く...
午前中は雨だったので、この機会にと出来るだけ要らないモノの整理、処分を進めています。

部屋もサッパリ、身体もサッパリした後は、馴染みのお酒屋さんで買った『國権 純米生貯蔵酒 てふ』
でくぃっと一杯。
あまり香りが強過ぎず、程よい感じで美味しい~ いくらでもクィっと呑めそうな感じです。
ノーベル賞の弟さんで脚光を浴びている鵡川産のものかはどうか分かりませんけど、偶然に北海道産の
柳葉魚のオスの半生の干物を買ってきていたのでそれを肴に。
以前は柳葉魚と言えば子持ちのメスでしょ!って感じだったのですけど、鵡川産のオスの干物を頂いて
からは、酒の肴にはこっちの方がお気に入りです。

『てふ』繋がりで、珍しくうちのベランダのランタナにやって来た『アオスジアゲハ』。
夏の激暑の終わりと共に一気に咲き始めたランタナの花に、あまりやって来ないアオスジアゲハが姿を
見せてくれました。
曇っていたのでシャッタースピードが上げられず、ぶれてしまっているのが残念なのですが...
このアオスジアゲハかなり羽が痛んでいるのですけど、どうしたんでしょうね?

101010_2.jpg

今日は少し朝顔の蔓をカットしたのですけど、今週天気の良くない日にゴーヤー&朝顔はスッキリと
片付けたちゃいたいと思ってはいるのですが...

でも... 明日の気温もまた27℃? まだ夏? (^-^;;

■By mura-san | 2010-10-10 20:03 | 酔いどれ話 | コメント (0) | トラックバック(0)

2010年10月 9日 (土曜日)

麺屋 ZERO1 川口東口店 Open!

101009_1.jpg

 以前甘味処の有った場所に『麺屋 ZERO1』というラーメン屋さんが開店していました。

駅前で開店記念の無料クーポン券を配っていたので行ってみようかな...と思ったのですけど、雨だと
言うのにそこそこ混んでいて外にまで行列が...
まぁ、平日の空いてる時に来ればいいやと、今日のところは外から眺めただけで一旦退散です。

お店の外には開花楼の麺の箱が山積みに。ここも浅草・開花楼の麺を使ってるようですね...

川口駅周辺はここのところラーメン屋、歯医者、美容院の開店ラッシュ。
もっとも、消えてゆくお店も多いのですけど... 

■By mura-san | 2010-10-09 12:55 | 街歩き | コメント (0) | トラックバック(0)

2010年10月 8日 (金曜日)

イカール星人現る!

101008_1.jpg

 先日はせんとくんが現れた川口そごう前ですが、なんと今日は『イカール星人』が!!

イカール星人とは、最近よくTV番組に登場しているのですが、函館への侵略を企てるイカール星人が
ロボットで函館の街を破壊し、最後に函館の夜景の灯りが次々と消えて...
テロップで「観光はお早めに......」って流れる、函館の観光PR用動画に登場するゆるキャラ(笑)

イカール星人公式Webはこちら

でも、その姿は『星人』って言うかイカそのものなんですが (^-^;;
おかげで子どもたちにはせんとくん以上に怖がられていて、人気は今ひとつのようでした。
大人の認知度もイマイチなので、あまり近付く人も居ませんでしたし...

今日現れたイカール星人、冬の函館観光と2015年度の新幹線新函館開業をPRするために駆り出され
たのだそうで、函館のパンフレットや物産が入った袋が配られていました。
袋の中にはスルメに昆布、さらに観光PR用のDVDまで入ってましたよ! 太っ腹ですね~

101008_2.jpg

函館かぁ~
雪の降る、寒い時期にまた訪れてみたいなぁ~ 新幹線でっていうのもいいかも。

■By mura-san | 2010-10-08 18:53 | 旅の語らい / 日々の出来事 | コメント (2) | トラックバック(0)

2010年10月 7日 (木曜日)

CEATEC JAPAN 2010 へ

101007_1.jpg

 今日は幕張メッセで行われている『CEATEC JAPAN 2010』へ。

この業界に戻れるのかどうかも全く分からないような状態ですけど、一応業界動向の確認ということで...

元気なのはやはり3D TVを前面に押し出した家電メーカー。
ブースもでかけりゃ、人も沢山です。
個人的にはそんなに3D TVって売れるのかなぁ?と疑問なんですが。

DoCoMoブースや、auブースのようにスマートフォンを展示しているトコロは人が多すぎて端末に
触るのにも長~い行列が...

なので、比較的空いているブースにしか結局行きませんでした (^-^;;

既にいろいろなWebで沢山紹介されているのですが、富士通の大画面ダブルタッチパネルケータイ。
以前ならダブル液晶画面って便利なの?って雰囲気だったのですけど、タッチの精度の向上やiPhone
やiPodでのタッチ&スライド動作にみんなが慣れてきたこともあって風向きは少し変わってきたの
かもしれません。

101007_2.jpg

TDKのブースでは有機ELシースルーディスプレイを使った携帯のモックアップ。
画面の向こうに指が透けて見えます。面白い~

101007_3.jpg

ものすご~く広いフロアに、沢山の出展が有ったのですけど...

結局、一番面白かったのは村田製作所のムラタセイサク君とムラタセイコちゃん。
今回はType ECOということで、Sleep機能やワイヤレス電力電送システムを使った充電機能など
を備えているのだそうです。

ムラタセイサク君はジャイロセンサで自転車の運転も補助輪無しでスイスイ~
坂道だって大きくふらつくことなく上手に昇ってゆきました。

101007_4.jpg

ムラタセイコちゃんはさらに難易度が上がって一輪車!
細いS字型の平均台の上を進むのですが、最初の停止した状態で台に乗せるのが一番大変なようで
動き始めれば慎重ながらも器用にS字通りに進んでゆきました。可愛い~

このムラタセイサク君とムラタセイコちゃんのデモはとっても人気が高いので早めに行って前の方
を確保しないと、モニタでしか見られなくなっちゃいますよ!下手すると前の人の後頭部しか...

101007_5.jpg

最後に紹介するのは(株)フジクラの超電導磁気浮上デモ。
フジクラ製の超電導線を使った小さな車の模型が、浮上して走ります(笑)
下は強力な磁石、上に載せる超電導線側を液体窒素で冷やしているので冷気がもや~っと出てます。

101007_6.jpg

その1シーンをちょっとだけ動画で撮影したので載せておきます。ホントにちょっとだけですが。

速度の違いは担当の方の押し具合の違いです (^-^;;

■By mura-san | 2010-10-07 20:12 | おとなの社会見学 | コメント (0) | トラックバック(0)

2010年10月 6日 (水曜日)

ラピスラズリ (lapis lazuli) のキーホルダー

101006_1.jpg

 今まで使っていたインディアンのお守りでもあるドリームキャッチャーが付いたキーホルダー、
網の部分が切れてしまってすっかりボロボロに...
本来は悪い夢をこの網に引っかけて止めてくれると言われているのですが、これでは...
どうりでここのところ悪い夢のようなことばかり起こる訳です (^-^;;

このドリームキャッチャーのキーホルダー結構気に入っていたのですが、売っていたお店は既に
潰れてしまい買い直すことが出来ませんでした...

なかなか丁度良いキーホルダーが無くて困っていたのですが、天然石のお店でピンとくるものを
ようやく発見!

小ぶりでポケットに入れてもじゃまにならないし、ラピスラズリという石は幸運を呼んでくれる
のだそうです。
いつもなら赤系の石を選ぶことが多いのですけど、今回は何かこの青に惹かれて...

これで少しは幸運が訪れると良いのですけど。

101006_2.jpg

■By mura-san | 2010-10-06 20:45 | 日々の出来事 | コメント (0) | トラックバック(0)

2010年10月 5日 (火曜日)

航海練習船「海王丸」晴海ふ頭を出港

101005_5.jpg

 「はしだて」の入港を見た後、14時に出港予定だった「海王丸」をレインボーブリッジの上から
俯瞰で撮ろうと思っていたのですが...

「はしだて」の式典準備を眺めているうちに、タグボート2隻に牽かれてスルスルと「海王丸」が
真横に離岸開始...

え~っ!まだ11時なのに!?

いや、おかしいとは思ったんですよ、「はしだて」の入港を見ている10時半頃の段階で既に甲板に
訓練生が整列していたりとか、タグボートが来てロープを繋いでいたりとか...

やむなく晴海ふ頭の展望デッキから「海王丸」の出港を見送ることになってしまいました。

101005_6.jpg

最後に錨を上げていよいよ出港!
登檣礼は有りませんけど、訓練生の方々が黄色いヘルメットを振って見送りの方々に応えて
いました。

101005_7.jpg

次の目的地は室蘭だとか...

◆ ↓クリックで拡大します
101005_8.jpg

あぁ...本当はあのレインボーブリッジの上から眺めているはずだったのになぁ~
船の入出港の時間が変更になることは良くあることなのですけど、ちょっと残念でした...

もっとも、14時に来て呆然とするよりは良かったのですけど (^-^;;

◆ ↓クリックで拡大します
101005_9.jpg

■By mura-san | 2010-10-05 18:27 | 鉄・飛行機・船 | コメント (0) | トラックバック(0)

迎賓艇「ASY91 はしだて」晴海ふ頭へ入港

◆ ↓クリックで拡大します
101005_1.jpg

 海上自衛隊の迎賓艇「ASY91 はしだて」が晴海に入港するということで見に行ってきました。

迎賓艇とはその名の通り、特別なお客様を迎えるための船ですので普通の自衛隊の艦船に比べると
見た目普通...と言うか地味と言った方が良いかも...

そのせいか、私の他に写真を撮ってる人は全く居ませんでした (^-^;;
(と言うか、晴海ふ頭自体に人がほとんど居ないのですけどね)

11:30に入港予定ということで、1時間前に晴海ふ頭へ着いたのですけど...
展望デッキへ出ると、あれ?もうレインボーブリッジの向こうにその姿が...

101005_2.jpg

午前中と言うことで逆光の上に、気温が上がったことで霞みがひどく...まるでモノトーンの世界
のような写真にしかなりません...
これはこれで雰囲気が有って良いのですけど、もう少し彩りが欲しかった...

101005_3.jpg

あれよあれよと言う間に接岸...
頭をこちらに向けてくれないかな...と期待したものの、そのままお尻をこちらに向けたままで
接岸となりました。

奥には先日入港した独立行政法人 航海訓練所の訓練船「海王丸」の姿も。

この後お客様を迎えての式典でも有るのでしょうか、「はしだて」の船内からテントや椅子を
運び出して会場の設営が行われていました。

101005_4.jpg

実はこの後、「海王丸」の出港姿をレインボーブリッジの上から撮ろうと思っていたのですが...

■By mura-san | 2010-10-05 17:52 | 鉄・飛行機・船 | コメント (0) | トラックバック(0)

2010年10月 4日 (月曜日)

インカのめざめの煮物

101004_1.jpg

 すっかり涼しくなって気持ちよ~く過ごせるのだけど、今日はまたもや雨。
窓の外からは「いしやぁ~き~いも~ おいも」の声が聞こえてきました。今シーズン初かな。

ちょっと肌寒いくらいだったので、今夜は先日北海道物産展で買ったじゃがいも・インカのめざめ
を使って煮物にしました。
煮崩れしないくらいしっかりしていますが、ほっこりと、甘みも強くて美味しい~。
まぁ、値段も相応ですけど (^-^;;

涼しい、涼しいって言ってたら、明日はまた真夏日ですって!? もう10月だと言うのに...

■By mura-san | 2010-10-04 21:55 | 手抜き料理 | コメント (0) | トラックバック(0)

2010年10月 3日 (日曜日)

せんとくんアルバイト中?

101003_11.jpg

 観光キャンペーンなのかと思いきや、生命保険会社のキャンペーンのお手伝いのようでした。
観光キャンペーン以外のアルバイトしてていいのかな?
川口そごうでのイベントなので、パチモンではないと思いますが (^-^;;

隣に居るのは、損保ジャパンひまわり生命のゆるキャラ、ポンポンと言うのだそうです。
小さなお子さんにはせんとくんは怖いようで、ポンポンの方が人気でした(笑)

■By mura-san | 2010-10-03 19:45 | 日々の出来事 | コメント (5) | トラックバック(0)

首都高体感ウォーキング 川崎みらいトンネル

101003_1.jpg

 今日はいろいろなイベントが有り、どれに行こうか迷ったのですが... 荒川線...横須賀...

今月20日に開通する首都高 高速神奈川6号川崎線の殿町~大師ジャンクションが一般開放されるという
首都高体感ウォーキング 川崎みらいトンネル』というイベントに参加することにしました。

当たり前ですが開通したら自動車専用の道路、こんな機会でも無いと歩くことなんて出来ませんから!

開場の式典にはTV局の取材陣も。
式典長いのかな...と心配していたのですが、あっさり終わっていよいよトンネル内に突入!

101003_2.jpg

まずは浮島方面へ向かって歩き始めます。
路面も、壁も、標識も、灯りも全て汚れもなくまだピカピカ☆

◆ ↓クリックで拡大します
101003_3.jpg

途中には、トンネルの壁面に幻想的な映像を投影した『Kawasaki Dreaming Highway』。
投影された映像のバルーンを手で弾いたり、叩いて破ったりすることが出来るのでお子さんたちは
夢中になって遊んでいましたね。

101003_4.jpg

そして、お地蔵様を模した400体のキャンドルが幻想的に輝く『Kawasaki 灯り大師トンネル』。
中央に置かれたスリットで描かれたお地蔵様は一体一体顔が違っていました。
透明なカバーに覆われたロウソクの灯りが柔らかくて、ホント幻想的な空間でしたよ~

◆ ↓クリックで拡大します
101003_5.jpg

間に置かれた小さなお地蔵様たちもそれぞれちょっとづつ表情が違っていて可愛いです。
さっきの影絵とか、キャンドルとか、トンネルならではの展示が工夫されてていいですね~

でも、デザイン化されたこんなお地蔵様だからいいですけど、リアルなお地蔵様だとかなり怖いかも
しれません (^-^;;

◆ ↓クリックで拡大します
101003_6.jpg

てくてく歩いて往路はここまで。
この先は運用中の川崎浮島ジャンクション、東京湾アクアラインへ続いています。
折り返して、今度は大師方面へ向かう逆方向の車線を歩いて戻ります。

101003_7.jpg

ん?こっちの車線はまだお化粧中なのでしょうか?
作業用の櫓がまだ組まれたままになっていました。

◆ ↓クリックで拡大します
101003_8.jpg

行きはワクワク感も有ったりいろいろ展示も有ったりで沢山写真を撮ったり、ワイワイと歩いていま
したが、折り返した後の帰り道では黙々と歩き続けている人が多かったような (^-^;;

大師方面へ歩いていた復路もここまで。
ここから非常階段を使って往路で歩いた車線の方へ戻ります。

◆ ↓クリックで拡大します
101003_9.jpg

実はこのトンネル部分、浮島方面と大師方面の車線は違う深度を走っているようです。
この非常口が地下7階相当の深度のようでしたので、もしもの時は地上出口までは結構遠いですね...

101003_10.jpg

約3km程のコースとのことでしたが、人混みを避けての~んびりと写真を撮りながら歩いていたので
結局3時間程も掛かってしまいました(笑)
歩数は7,000歩程度だったのに...

最後にスタンプラリーの景品として、道路パトロールカーのペーパークラフト(ティッシュケース)を
受け取って大師ジャンクションのウォーキングは終了となりました。

こういう建築物の開通イベントって楽しいですね~ どっか次に無いかなぁ?

■By mura-san | 2010-10-03 18:21 | おとなの社会見学 | コメント (0) | トラックバック(0)

2010年10月 2日 (土曜日)

2010海保フェア in 立川

101002_1.jpg

 今日は立川に有る海上保安試験研究センターにて『2010海保フェア in 立川』というイベントが開催
されていたので出掛けてきました。

海上保安庁の施設なのに海から離れた立川に有るってのがちょっと不思議!?

会場に着いたら、丁度海上保安庁音楽隊のランチタイムコンサートをやっているところ。
その側では、海上保安庁のマスコット「うみまる」と「うーみん」が大人気で、みんなと一緒に記念写真
に応じていましたよ。

こちらは海上保安庁の船艇の形状を研究するために用いられる「垂直循環型回流水槽」。
潮流、波、風による影響を模型を用いて確認しているそうです。
他にも灯浮標(ブイ)の動きなどが水槽の真横から見られるようになっていました。

101002_2.jpg

ペーパークラフトの巡視船・巡視艇たち。可愛い~
この部屋では海上保安官の制服を着ての記念撮影が出来るということで、なが~い列が出来てました。
海上保安官の凛々しい姿に憧れるのはお子さんだけではないようで...
大人でも海上保安官の制服を着たいって人は多かったようです (*^-^*)

101002_3.jpg

お子さん向けの体験イベントとして開かれていたのが『チリメンモンスターをさがせ!』
好きな人にはたまらない(笑)ちりめんじゃこの中から、タコとかイカとか違う種類の魚などを探す
イベントでした。
探していると、ついつい美味しそうなので口に運びそうに (^-^;;

101002_4.jpg

『灯台機器の今と昔』の展示では、巨大な灯台のレンズ(フレネルレンズ)が展示されていました。
この研究センターで実際にガラスを曲げフレネルレンズを制作していたのだとか。
その大きさに驚かされると共に、キラキラと輝く美しさに見とれてしまいました。

101002_5.jpg

13時より屋外の空港施設で行われたのが『海上保安庁特殊救難隊による救助訓練展示』。
やって来たのは羽田航空基地に属するアエロスパシアルAS332L1「MH805(JA6805) わかわし1号」でした。

◆ ↓クリックで拡大します
101002_6.jpg

スルスルっと隊員を一旦下ろして救助訓練の開始。
上空の同じ位置で長く静止したまま、タンカに負傷者を乗せて引き上げて救助完了!

101002_8.jpg

◆ ↓クリックで拡大します
101002_7.jpg

全体的にこじんまりとした展示でしたけど、芝生の上でのんびり出来たりとお子さん連れで訪れる
には良いイベントではないでしょうか。

それにしても、驚いたのはフツーの若い女性が多かったこと。
これもTV、映画の『海猿』の影響なのでしょうかね?

■By mura-san | 2010-10-02 18:18 | おとなの社会見学 / 鉄・飛行機・船 | コメント (0) | トラックバック(0)

2010年10月 1日 (金曜日)

レインボーブリッジ ピンクリボンライトアップ

◆ ↓クリックで拡大します
101001_6.jpg

 最後は竹芝へ移動してレインボーブリッジのピンクリボンライトアップを。

ただ... この角度は失敗だったかも...

橋脚のライトアップはあまり色が綺麗に見えません...
しかも、写真に撮るとピンクというよりは紫になっちゃってますから...

これから御蔵島でイルカと一緒に泳ぐのでしょうか?シュノーケリングのセットを持った人たちが
「かめりあ丸」に次々と乗り込んでいました。
あぁ... 私も乗って御蔵島行きたかった...

◆ ↓クリックで拡大します
101001_7.jpg

■By mura-san | 2010-10-01 23:16 | 夜景・イルミネーション | コメント (0) | トラックバック(0)

東京都庁 ピンクリボンライトアップ

101001_4.jpg

 乳ガンの早期発見、早期検診、早期治療の大切さを訴える『ピンクリボンフェスティバル 2010』
の一環として、東京都庁も今日から9日までピンク色にライトアップされています。

都庁に着いた時には既にイベントが終わった後で、テントが片付けられていましたが (^-^;;

101001_5.jpg

■By mura-san | 2010-10-01 23:15 | 夜景・イルミネーション | コメント (0) | トラックバック(0)

東京タワー ピンクライトアップ

101001_1.jpg

 今日は「乳がん早期発見啓発キャンペーン」の一環として東京タワーがピンク色にライトアップ
される日でした。

通常のオレンジと白のライトアップだった東京タワーが、18時になったと共にピンク色に!!

101001_2.jpg

浜松町駅を出て、増上寺→東京タワー下→赤羽橋交差点と移動しながら、ピンク色にライトアップ
された東京タワーを撮影して歩きました。

いつもとちょっと違う東京タワーに、通り掛かった人たちも携帯やカメラを取り出して写真に収め
ていましたね。

女性の皆さん、乳ガンの検診、早期発見、早期治療!大切ですよ~
まだ見ぬ私のお嫁さんも、検診を受けて下さい~ (*^_^*)

◆ ↓クリックで拡大します
101001_3.jpg

最近はスカイツリーに注目が集まっていますけど、東京タワーも災害時のバックアップ用としての役割
を得たようですので、しばらくは安泰ですかね!?

スカイツリーとはまた違うこの美しさ、残して欲しいものです。

■By mura-san | 2010-10-01 23:14 | 夜景・イルミネーション | コメント (0) | トラックバック(0)