« 第五十八日祥丸 | メイン | 朝から電車事故 »

2016年6月19日 (日曜日)

新・おがさわら丸

 先日、「新・ははじま丸」を見て来たので、せっかくなので今日は「新・おがさわら丸」の方も見に行くことに。

既に昨日のうちに芝浦ふ頭に接岸していたのですが、今日はいろいろ荷下ろしやチェックを兼ねて芝浦埠頭と
竹芝桟橋の間を往復するということでした。

当初の予定では14時に芝浦を離岸のはずだったのですが、ジェットフォイルの出港が遅れたためかやや時間は
遅れました。

160619_1.jpg

目で見えているすぐそこの芝浦ふ頭からなので、出たと思ったらもう到着です。

160619_2.jpg

初めての竹芝桟橋接岸なので、ロープをどの位置に固定するかやボーディングブリッジの接続位置の確認など
が慎重に行われていました。

160619_3.jpg

クレーンも操作され、新しく造られたというタラップも降ろされました。

160619_7.jpg

係船柱(ビット)もトン数の増えた「新・おがさわら丸」用に大きなものが新たに準備されています。(黄色)
以前から使っていたものは左端の錆びた白い小さな方です。
芝浦ふ頭の方もこの新しい黄色い係船柱(ビット)が準備されていたようでした。

160619_4.jpg

最初の確認事項や作業が終わったのか、1時間程で一旦竹芝桟橋を後にしました。
ジェットフォイル用にCバースを空けなければならなかったのかも...
この新しいおがさわら丸、船首がアイーダ・プリマのように垂直に切り立っているように見えるんですよね。
あの唇と目玉を入れたい衝動に...

160619_5.jpg

2012年にレインボーブリッジから撮った、現・おがさわら丸の姿↓。
この、現・おがさわら丸が 6,700トン、新・おがさわら丸が11,035トンなので約1.65倍くらいに大きくなった
ようですね。

160619_6.jpg

この写真を撮っている間、よく小笠原へ行くというおじさんはもっと大きいのを造ってもいいのにな~とずっと
言っていました。
海運関係の方々とも知り合いだそうで、いろいろ裏話に詳しかったので楽しかったです。
「船の写真なんか撮ってないで、これに乗って小笠原行った方が楽しいよ~」って、それは確かにその通り
なのですが (^-^;;

■By mura-san | 2016-06-19 18:48 | 鉄・飛行機・船 | コメント (0) | トラックバック(0)


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://mura-san.jp/blog/murasan-tb.cgi/6306
*トラックバックをお送り頂く際には、一緒にコメントも頂けると嬉しいです♪



コメント

コメントしてください




保存しますか?