« 配水管清掃 | メイン | 浜松町の小便小僧(5月編) »

2018年5月 2日 (水曜日)

鹿野大仏(ろくやだいぶつ)へ

 東京の日の出町に新しい大仏が出来たということで、ぷらっと出掛けてみました。
鎌倉の大仏様を抜いて、国内第二位の大きさなのだそうですよ。

今回は電車でJR 青梅線 福生駅へ。
西口よりバスに乗り「塩沢秋川霊園バス停」で降りて歩いてすぐでした。
バスはだいたい1時間に2~3本程度、鹿野大仏への案内はバス停に簡単な地図が有ります。

180502_0.jpg

鹿野大仏はこんな風に高台に有り、雰囲気は「塩船観音寺」に似ています。
塩船観音のつつじに対して鹿野大仏は紅葉が沢山植えられているようで、秋には紅葉超しに大仏様
を見ることが出来そうな感じです。

参道はウッドチップがまかれており整備されていますが、高台なので結構足腰にはきます。
御年配の方々には少々大変なようでした。
(参道入り口に無料の竹の杖が置かれていましたが、混雑時は足りないかもしれません)

180502_1.jpg

まだ公開になって1ヶ月経っていないこともあって、真新しく美しい姿。

180502_2.jpg

今はまだ見る角度により漆黒であったり、緑であったり...
時が経てば緑青に段々と覆われてくるのでしょうね。

180502_3.jpg

首の周りにはスギの花粉でしょうか?すっかり黄色くなってしまっていますが。

180502_4.jpg

下から拝観した場合でもイケメンになるようにしたとの話が...

180502_5.jpg

密かに現場で盛り上がっていたのが、このセンサー付きの手水舎。
手水も満たされておらず、常に流れてもいないのですが、柄杓をかざすとセンサーが反応して
水が流れるという優れもの。
センサー位置にうまく柄杓をかざせなくて四苦八苦している人も多かったですけど、概ね好評
だったように思います。

180502_6.jpg

■By mura-san | 2018-05-02 15:32 | 街歩き | コメント (0) | トラックバック(0)


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://mura-san.jp/blog/murasan-tb.cgi/7057
*トラックバックをお送り頂く際には、一緒にコメントも頂けると嬉しいです♪



コメント

コメントしてください




保存しますか?